集めれば自宅ゲーセン!「レトロアーケード」シリーズの最新アイテム、満を持しての本格派『スペースインベーダー』発売。8/10から期間限定の記念ショップがJR秋葉原駅構内に出現!!

 
6月16日 “スペースインベーダーの日” にもお伝えした「レトロアーケード」シリーズの最新アイテム『スペースインベーダー』。8月中旬発売予定とアナウンスされていましたが、少し前倒しになったようで、明日 2020年8月6日(木)に発売されるとのこと。
 
これまでのシリーズでもナムコやデータイーストの数々の名作がラインナップされていましたが、今回は満を持して、レトロゲームの基本中の基本(?)、ザ・クラシックとでも言うべき『スペースインベーダー』の登場。従来より一回り大きなボディにハーフミラーを駆使した反射投影型ディスプレイを搭載し、ゲーム画面の背景の月面風景など、往時のアップライト筐体を再現しているとか。
 
さて、そんなこだわりの新商品リリースを記念して、8月10日(月) ~ 8月17日(月) の約1週間、JR秋葉原駅の電気街口改札催事場に「レトロアーケード<スペースインベーダー>発売記念ショップ」が出現!
実際に「レトロアーケード<スペースインベーダー>」をプレイできるのはもちろん、ビデオゲームの金字塔たる『スペースインベーダー』の誕生と現在までの歴史をまとめたパネルも展示。それだけでなく、ミニアップライト型「レトロアーケード」シリーズのその他のラインナップや、携帯型の「ポケットプレイヤー」シリーズも展示販売されるとのこと。

さらに『昭和40年男』編集長・北村が「目指せ!10,000点」企画で『スペースインベーダー』に挑戦している、アーケードのアップライト筐体の3/4サイズの「ARCADE1UP」シリーズも登場するそうですよ。試しに編集長に挑戦してみるか…という方も立ち寄ってみては?
 
最近、往年のアーケードゲーム機を集めて、当時そのままの本格的な “自宅ゲーセン” を作ってしまったツワモノな方々がSNS上でも話題になっていますが、そんな気分を味わえるアイテムが大集合!ということで、今回の記念ショップ、ビデオゲーム好きの方はゼヒ遊びに行ってみてください!
 
 
(以下、ニュースリリース より抜粋)

ゲーム関連商品を輸入販売するインフォレンズ株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役CEO:安川 洋) は、家庭用アーケード筐体型ゲーム機『レトロアーケード』シリーズより、新商品「スペースインベーダー」が2020年8月6日(木) に全国の家電量販店および通販サイトなどで販売開始するのを記念して、期間限定ショップをJR秋葉原駅構内にオープンすることを発表いたします。
 
1978年にアーケードゲームとして登場した「スペースインベーダー」は、数多くの人々に支持され爆発的な大ヒットとなり、一世を風靡しました。
いわばこの「スペースインベーダー」の登場によって日本のゲーム史が始まったと言えるほどの名作です。
本製品は従来のレトロアーケードシリーズより一回り大きくなり、その当時の熱狂を閉じ込めたかのように細部までこだわり抜いた設計となっております。
 
JR秋葉原駅構内の記念ショップでは実際に商品に触れて遊べる試遊機を設置するほか、「スペースインベーダー」の誕生と現在の歴史に触れるパネルも展示!
 
また手のひらサイズの家庭用アーケード筐体型ゲーム機『レトロアーケード』シリーズをはじめ、ポケットに入れて持ち運べる『ポケットプレイヤー』シリーズ、アーケード筐体の3/4サイズで家庭で本格的に楽しめる『ARCADE1UP』シリーズも同時販売!
その場で購入可能です!

たくさん並べて今話題の「自宅ゲーセン」に挑戦してみてはいかがでしょうか?
 
この夏はご家族とレトロアーケードでおうち時間過ごしましょう!
 
 
【商品仕様】
ハーフミラーを駆使したこだわりの反射投影型ディスプレイ方式を採用。
数ある「スペースインベーダー」のレプリカの中で、このディスプレイ方式のものは本製品が世界初! (メーカー:dreamGEAR調べ)
投影画面の背景に配置されたバックライトで照らされた月面風景や、当時のアーケード仕様を忠実に再現したプログラムなど、マニアを唸らせるディテールにこだわった作り込みで、当時のアップライト筐体を再現しています。
そのたたずまいはコレクションアイテムとしてもお部屋に飾っておきたくなるほどの仕上がりとなっております!
リアル世代の方は当時100円玉を握りしめゲームセンターに通っていた頃を思い出し、最高のサウンドを聴きながら好きなだけ無心にプレーしてください!
当時を知らない方にも現代のゲームでは味わえない感覚を是非!

本体サイズ : 高さ約170mm、幅103mm、奥行155mm
重量    : 約680g
販売価格  : 5,480円(税抜)6,028円(税込)
電池    : 単3乾電池 4本使用(別売)
        ※USBマイクロ端子での電源供給も可能
製造元   : dreamGEAR, LLC.
URL    : https://www.infolens.com/retroarcade/
輸入・販売 : インフォレンズ株式会社

▲レトロアーケード<スペースインベーダー>
▲レトロアーケード<スペースインベーダー>パッケージ

 
【販売日】

2020年8月6日(木)
 
【取り扱い店舗】
ソフマップAKIBA4号店 アミューズメント館
ソフマップなんば店
ビックカメラ.com
ヤマダ電機 LABI1 日本総本店 池袋
ヤマダ電機 LABI 品川大井町
ヤマダ電機 LABI1 なんば
ヤマダ電機 LABI 新宿東口館
ヤマダ電機 LABI1 LIFE SELECT 高崎
ヤマダ電機 LABI 渋谷
ヤマダ電機 LABI 三宮
ヤマダ電機 LABI 津田沼店
ヤマダ電機 LABI LIFE SELECT 千里
ヤマダ電機 LABI 名古屋
ヤマダ電機 LABI LIFE SELECT 自由が丘
ヤマダ電機 LABI 上大岡
ヤマダ電機 LABI LIFE SELECT 立川
ヤマダ電機 LABI 仙台
ヤマダ電機 LABI 広島
ヤマダ電機 LABI 新宿西口
ヤマダ電機 LABI 新橋
ヤマダ電機 Concept LABI TOKYO
ヤマダ電機 LABI 吉祥寺
ヤマダ電機 家電住まいる館 YAMADA 春日部本店
ヤマダウェブコム
ヨドバシ・ドット・コム
あみあみ
楽天ブックス
Amazon.co.jp
Joshin webショップ
セブンネットショッピング
ヤマシロヤ
博品館TOY PARK 銀座本店

【記念ショップ開催場所】
JR秋葉原駅電気街改札内催事場

【開催日程】
2020年8月10日(月)~2020年8月17日(月)

【営業時間】
11:00~21:00
 
 
【レトロアーケードとは】
レトロゲームは昨年より世界的なブームとなっており、大手ゲームメーカーを中心に様々な機種が販売されております。
本製品『レトロアーケード』シリーズは、1980年代にゲームセンターで大ブームを起こしたアップライト型ゲーム筐体の色や絵柄をベースにデザインされた小型ゲーム機です。
2.75インチのモニターとコントローラーを搭載し、当時のまま丁寧に再現された音と映像で、昔ゲームセンターで遊んだあの臨場感を思い出させてくれます。
じっくりゲームにのめり込めるだけでなく、インテリアとしての存在感があり、コレクションとしてもお楽しみいただける製品です。
シリーズタイトルは「パックマン」「ギャラガ」などのバンダイナムコタイトルのほか、タイトー・データイーストのゲームタイトルを含む13種類のシリーズで展開中で、現在国内累計出荷数が10万台を突破しております。
 
 
【インフォレンズ株式会社とは】
インフォレンズ株式会社は、dreamGEAR, LLC.のレトロゲーム機の正規輸入販売代理店です。このほか、マインクラフトの正規ライセンスグッズやVRグッズなど、世界各地からゲームやスマートフォン関連の先進的な商品を輸入・販売しております。

商号   : インフォレンズ株式会社
代表者  : 代表取締役CEO 安川 洋
本社   : 〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-18-9 第二直平ビル6階
設立   : 2018年10月
事業内容 : ゲームやスマートフォン関連商品の輸入販売
URL   : http://www.infolens.com
 
 
【dreamGEAR, LLC.とは】
dreamGEAR, LLC.は米国カリフォルニア州トーランスに本社を持ち、レトロゲーム機(My Arcadeブランド) やゲーム関連アクセサリーを世界に展開する大企業です。
 

(c) TAITO CORPORATION 1978, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.
 


 
■SNSも展開中! フォローよろしくお願いします!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*