黄昏流星群に学べ!!

あーあ、やっちまった。同じ号を買っちまったのである。400円もの大金をドブに捨ててしまって、ものすごーく悔しがっている小市民である。実はこれ2度目のことで、およそ1年半前にもつぶやきネタにしている。いよいよ、本格的なボケのスタートか!?

 

2冊も買ってしまうほどこのマンガ雑誌『ビッグコミックオリジナル』を愛している(笑)。のんびりとほのぼのした作品が多いのが、長〜く付き合っているゆえんだろう。釣りバカ日誌や三丁目の夕日、深夜食堂などなどあったかい気持ちにさせてもらえる。仕事で疲れた性能のよろしくない脳みそを休ませてやるために、こいつを読むのは会社帰りの電車で座れた時に限っている。僕にとっては、大切なリラックスタイムのひとつなのだ。

 

楽しみにしている作品のひとつに『黄昏流星群』がある。ご存知、島耕作シリーズの作者、弘兼憲史さんの作品でもうかれこれ25年も連載している。現在73歳だから書き始めた時は40代後半だったということだ。なんだかすごいこっちゃ。

 

読んだことのない方にご説明すると、中年以上の男女の物語で3〜4話で完結するショートストーリーだ。これが実に創造性豊かな男女物語で、楽しく読んでいると同時に、よくもこれだけの出会いを描けるものだといつも感心させられる。

 

去年、問題作となった『昭和40年男』の還暦上等特集号に、弘兼憲史さんに登場いただけた。このインタビューで『黄昏流星群』の世界を語ってもらった。50歳以上の恋愛をテーマに書き始めたから、ニッチなところでは『昭和40年男』と同様だとおっしゃってくれたのだ。きゃー、うれしい。そして僕ら世代に恋心を持てとアドバイスしてくれた。きゃー。とはいえ、恋なんか縁のない俺たちだから、せめてマンガの世界で楽しんでみてはいかがだろう。このだぶった1冊を進呈しますよー(笑)!!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*