ムー一族を初体験!?

ⓒTBS

 

BS12で『ムー一族』が再放送されるというのを、このサイトの『S40ニュース!』で知った。カミングアウトすると、僕は当時このドラマを見ていない。桂木 文ちゃんこそスーパーアイドルだと言っているくせに、そのデビュー作だった『ムー一族』を観ていないのはモグリだな。しかも『昭和40年男』で取り上げることがある、久世光彦さんのプロデュース作品じゃないか。ありとあらゆる部分でモグリな僕だ。

 

録画しておいた1・2話を観た。いやー、カオスですな。ドタバタ感とパワーに押しまくられる。いきなりの『お化けのロック』で始まったと思ったら、クリエイションのかっこいいギターナンバーが延々と続く。途中では『林檎殺人事件』が突如挿入されたり、若い伊東四朗さんは電線マンを持ち出すし、おもちゃ箱をひっくり返したような感じがすごくよい。なんで僕は当時これを観なかったのだろう。

 

調べてみるとわかった、昭和53年の水曜9時は『欽ちゃんのどこまでやるの!』を観ていたのだ。好きだったなあ、真屋順子さん。コロコロと笑う彼女に中坊ながら癒されていた。まだエレキギターと出会う前で、僕の夢はドリフターズに加入することだったから、欽ちゃんからも極意を学び取ろうと懸命だった。桂木文さんのネタでつぶやくたびに???だったのが、今日ここでつぶやくために調べてホッとした。てことは、『ムー一族』観ていたタメ年男は少数派なのではないか。

 

テレビをつけてもしかめっ面ばかりだから、ドタバタカオスの『ムー一族』でスカッとしてはいかがだろう。1・2話での文ちゃんの登場は極めて少なかったが、これからを期待している僕だ。伊東四朗さんと樹木希林さんがイキイキしていて、観ているとドンドン元気になってくる。それと、渡辺美佐子さんが演じている役柄が、裏番組でライバルの『欽どこ』における真屋さんとダブって見えるのは僕だけだろうか。明るくて聡明ないいお母さんて感じ。毎週月曜日に2話ずつの放送ですぞ。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*