志村けんさん。

 

携帯にその悲しい知らせが表示され、瞬間的に隣の席の相棒に「志村さんが…」と言い、そして涙があふれた。先日つぶやいたばかりだった。東日本震災の後の暗い日本に向けて放った『昭和40年男』の「今こそ笑え!」を特集したvol.8では、表紙にドリフターズを起用させていただいた。今回のコロナ騒動でも、日本は笑わなければならない。それには志村さんが必要だったのに、それがまさかまさか…。

 

書きながら涙が止まらない。志村さんが僕に与えた影響はあまりにも大きすぎて、いつかインタビューが実現したら、自分のこれまでの人生を形成してくれた恩人のひとりなんだと、心からお礼を述べたかった。それは僕にとって大きな夢の1つでもあった。今の仕事へと導いてくれた部分も多々ある、あまりにも大きな存在をコロナに持っていかれちまった。バカヤロー!!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*