ウィ・アー・ザ・ワールド〜大編集後記。

さあ、今日も元気に最新号のPRをさせていただく。しつこい巳年だからね。連載企画の『夢、あふれていた俺たちの時代』は昭和60年を切り取った。俺たち世代にとっては、大人の階段をだいぶ登って8合目といった頃ですな。当時の僕はミュージシャンになりたいと夢だけを見て走っていた…、うそ、女の子もいつも見ていた。そんな僕を号泣させた曲が『ウィ・アー・ザ・ワールド』だった。前年に英国から発信された『ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?』にもやられたが、そこはアメリカ、スケールが超越していた。

 

話をうかがったのは『ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い』の著者で、ポップバンドのノーナ・リーヴスの西寺郷太氏で、さすが本をリリースしただけあって鋭いくだりがいくつも炸裂する。その辺は、ページを開いてご確認いただきたい。

 

リリースされたのが3月28日とのことで、僕はちょうど大阪に旅立つ直前だった。『ウィ・アー・ザ・ワールド』についてあまり理解しないまま旅立ち、超貧乏ミュージシャン生活を過ごし始めたころ、テレビのない部屋でラジオから情報を得た。こんな決起があるなんていい話だなあと曲に聴き入りながら、わかりやすくキャラクターを立たせる歌唱のバトン回しに感心させられた。が、まだそこまでで号泣させられたのは後日のことだ。梅田だったと記憶している。テレビで流されているのを不意に目撃して足が止まった。メイキング映像も流されて、僕はまるでかつての街頭テレビのごとくへばりついて観た。そして、泣いていた。「音楽ってなんて素晴らしいんだ」と。

 

愛と平和のために若者たちを決起させた『ウッドストック』は、それまでの僕にとってミュージシャンができる最高の貢献活動だと信じていたし、今でも大好きな世界観だ。そこに加わる出来事がまさか起こるとは奇跡だと思えたのが、この大阪梅田でのあまりにも感動的な映像だった。あの日、真昼間の街で流した涙の熱かったこと。今も忘れない、20歳の誕生日直前の暑い日の出来事だ。と、僕にとってはそんな想い出が詰まっている曲が『ウィ・アー・ザ・ワールド』であり、その記事を自分の本に詳しく掲載できて幸せなのさ。ぜひっ、ご一読くだされーっ。

 

さてさて、あの豪華なシンガーたちの共演だが、みなさんにとってのMVPは誰だろう? ズバリ僕はレイ・チャールズで、直後に来日公演を観る機会を得た時にあのパートを繰り返しで歌ってくれたのも感動だった。これがMVPに貢献しているのは言うまでもなかろう。ちなみに次点はシンディ・ローパーだ。さあ、いかが?

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*