「善意のデマ」ではありません。の巻

新型コロナウイルスの影響で、マスクだけでなく、トイレットペーパーやティッシュペーパー、紙おむつまでが買い占めの対象となっているようです。これだけSNSが世の中に浸透していると、「棚から商品がなくなってる」とか「お店の前は長蛇の列!」なんて画像をみんながアップしたら、そりゃあ不安をあおってしまいます…が、そこは少し冷静になりましょう! メーカーが、在庫はある、原材料不足はないと言っているのですから、そこは信じていいと思います。…と言っておきながら、突然なくなった時に、「大丈夫だって言ったじゃない!」と言われたくないと思う自分がいます(^-^;。そのくらい、今回の新型コロナウイルス関連では何かを発信・発言するということに神経質になってしまいます。いわゆる「善意のデマ」に惑わされて、肝心の感染予防を怠ることのないように気をつけたいものです。

NHKの番組でも出演者のコメントがなぜかぎこちなく、手洗いやうがいなどは推奨するものの、「マスクをつけましょう」という言葉を極力言わないようにしているような場面も見受けられます。マスクが品切れの状態が続いているのにそんなことを言った日には「じゃあどこで売ってるんだよ!」なんて苦情が殺到しかねませんからね…どうにも、窮屈な世の中になってしまったと感じます。とにかく、自分が罹患しないことももちろん大事ですが、症状がなくても感染しているかもしれないことを想定して、皆が「他の人にうつさない」という気持ちをもつことが重要なのではないでしょうか。

また、こうした使い捨てマスクの購入が困難な状況のなか、「手作りマスクの作り方」を発信している方も数多く見られます。型紙まであるという、親切で本格的なものから、安全ピンを使って簡単に作れるものまでその作り方はさまざまですが、基本的には口に当てる布と耳にかけるゴムがあれば誰でも作れるものなので、オリジナルマスクを作ってみてはいかがでしょうか。先週、使い捨てマスクを洗って使うという暴挙をカミングアウトしましたが(笑)、ガーゼやタオルなどで作れば、洗濯にも耐えられますし、かわいい布で作ればおしゃれアイテムとしてもいいかも! タレントのキャシー中島さんは自身のインスタグラムで俳優でデザイナーとしても活躍している、長男・陽介さんと一緒に作り方の動画で公開しています。キャシー中島さんといえば、オリジナルブランド・キャシーマムを展開していることでも知られていますが、そのキャシーマムで販売されているハワイアンキルトの素材で作ったマスクがとてもかわいいんです!作り方の動画はこちらです。

キャシー中島さんのインスタグラムより

温かい飲み物でウイルス予防に期待!

新型コロナウイルスに関しては、その性質や、具体的に有効な予防法もはっきりとはわかっておらず、とりあえずできることで、有害にならないと思われることは実行してみよう!というのが編集部・まつざき家流。今は「まめに熱めのお茶やお湯を飲む」を実行しています!これは、普通に風邪やインフルエンザの予防としても有効だということを、ある医療関係の方から教えていただいたものなんですが、比較的熱に弱いと言われているウイルスなどは、のどの粘膜などに張り付いているものを熱いお茶などで胃まで流してしまえば死滅させられるというものなんです。温かい飲み物は、身体を温めてくれて、体温があがれば免疫もアップしますので、すくなくともデメリットはないようです。さぁ、マグボトルなどに入れて温かいお茶を毎日持ち歩きましょう! なんていうと、明日からマグボトルが品切れなったりするんじゃないか?(そんなわけないけど)とかナーバスになります(笑)。もし、世の中からありとあらゆる「お茶」がなくなったとしても、とりあえず「お湯」でも大丈夫です! が…、ウイルスの予防効果を必ずしも保証するものではありませんので何卒ご了承下さい。

本記事を読んでくださった皆さまへお願い

「マグボトル」と「お茶」の買い占めはお控え下さいませ<(_ _)>

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*