真夜中の冬支度。

つい先日、真夜中の赤坂でこんな光景に出くわした。昨日は冬への突入をぼやいたが、こちらは大歓迎である。TBS本社前のライトアップは毎年僕を楽しませてくれ、寒い日をあたたかな気分にしてもらえる。誰もが喜ぶライトアップだ。

 

クリスマスツリーに灯りがともりと歌ったのは甲斐バンドの安奈だ。11月に突入して街のあちこちで次々とツリーが登場する。設置こそそれぞれだが、撤収はほとんどが25日の深夜〜26日の早朝に行われ、迎春の景色へと変わる。この瞬間を迎えられると、感謝の気持ちが心に満ち満ちてくる。新しい年へと向かって、すべてにありがとうと心がつぶやき始めるのだ。

 

大晦日とお正月の3日は完全オフだ。それ以外はほとんど休みはなく、毎年1月3日の夜にそう覚悟を決める。とはいっても僕の仕事はそれって仕事なの?と世間からは言われてしまうようなものが多いから、その上普段から休みを取っていたらバチが当たるだろう。

 

そんな仕事ながら、積まれた仕事の山は年々高くなっている。50歳を過ぎたらもっとラクができるのだろうと、若い頃はイメージしていた。ところがず〜っと以前より、毎年今年が最もしんどかったと思いながら年越しを迎え、今年もとどうやらそうなるだろう。それでも歯を食いしばっているのは、前述したとおり、大晦日に“すべてにありがとう”の気持ちになれることを目指しているからだ。赤坂でのひとりの夜。冬支度の作業をしばらく眺めながら、へらへらと笑みを浮かべて一瞬だけ大晦日への逃避行を楽しんだ。ほっこりとできたいい夜だった。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*