山形のそばとの再会。

今日は愛知県でバイクイベントだ。四輪でも来場できるから、MCの仕事でぶっ飛ばしている僕をのぞきに、読者諸氏はぜひ遊びにきてちょうだい!!

 

さてさて、今日のつぶやきじゃ。いきなりだが、人類は麺類とはよく言ったものだ。人間の創意工夫によって様々な麺が存在し、それを美味しくいただくための調理にも工夫が施され、我々を夢中にさせ虜にする。って、ちょっと大げさだが、そのように感じながら食すとなおうまい。

 

つい先日、山形で取材があった。ゲストナビゲーターの言う通りに巡る旅の企画で、市内を中心に回った。そのコースに少々距離がある天童も加わっていて、ちょうど昼時と重なり、食事でもと名物そば屋と案内してくれた。「ここです」と案内された場所こそ、かれこれ20年近く前にも取材で訪れた店だった。不意にこうした偶然と出くわすと、人間てのは感動を覚える。そしてまだ30代だったあの日にフラッシュバックだ。

 

当時と同じで固い。そして太い麺は食べ応えバッチリで、信州から伝わったとされる江戸のそばとは全く異なる食い物だ。太いからつゆをしっかりとつけて、よーく噛んでいただく。太くて固いものの麺は滑らかな食感で、抜群のそばの香りとコシも同時に楽しめる。山形ではこうした田舎そばを出す店が多く、そば街道なんて素敵なエリアもあるから、そば好きは訪れたい地だ。讃岐のうどんのような、地域にどっしりと根付いた文化を感じられる。

 

いただきながら時間旅行を楽しみ、噛みながら何度も我思う。人類は麺類だと(笑)。忘れていた食感に舌鼓を打ち鳴らしつつ、やっぱり僕にとってベスト麺はそばだなと再確認させられた。皆さんのベスト麺は何でしょう? 我々世代にとってという視点でも興味がありますなあ。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*