松本零士と夢のコラボレーション! 2020年大河ドラマ決定『明智光秀ラベルの日本酒』新発売 

岐阜県飛騨市の酒蔵、有限会社渡辺酒造店から、日本酒の新商品「戦国アルカディア 名将銘酒47撰 岐阜県代表 純米吟醸 明智光秀」(蓬莱 純米吟醸 明智光秀)が2019年10月17日(木)から発売されます。ラベルイメージの明智光秀は来年からスタートする大河ドラマ「麒麟がくる」の主役です。松本零士の最新作『戦国のアルカディア』とのコラボレーションから生まれた新製品をぜひご賞味ください!

蓬莱 純米吟醸 明智光秀

以下、リリースより

■ 松本零士の最新作『戦国のアルカディア』と全国の酒蔵のコラボレーション

時空を超えた壮大な戦国ストーリー『戦国のアルカディア』は、『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』の作者であり、日本の漫画界・アニメーション界の巨匠として名高い松本零士氏の最新作です。今後、アニメーション作品化やゲーム化が企画されています。「戦国のアルカディア 名将銘酒47撰」は、全国47の都道府県にまつわる戦国時代の武将や姫などを、全国の酒蔵が日本酒のラベルにして商品化するというプロジェクトです。今回の企画は「地方を活性化したい」という松本氏の想いを発端に、生まれました。有限会社渡辺酒造店は岐阜県の代表として、明智光秀のキャラクターをあしらった日本酒を発売します。松本氏の作品は、フランスを中心に海外でも根強い人気を誇っています。この松本氏の知名度を生かし、将来的には海外でのPRも視野に入れております。

 

■ 岐阜と明智光秀の関わり

明智光秀は岐阜県で生まれたと言われています。来年の大河ドラマ「麒麟がくる」では明智光秀が主役となっていることから、岐阜県では早くも盛り上がりを見せています。毎年、岐阜市中心市街地一帯で開催される、岐阜を代表する秋のお祭りである「ぎふ信長まつり」では、1992年の大河ドラマ「信長 KING OF ZIPANGU」で明智光秀役を演じたマイケル富岡さんを招いてトークショーが開催されたり、岐阜市歴史博物館には「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」がオープンするなど、大河ドラマ放送前から「岐阜が生んだ名将・明智光秀」に改めて注目が集まっています。

■ 商品情報
商品名:蓬莱 純米吟醸 明智光秀
酒類:純米吟醸酒
容量:720ml
価格:1,800円(税抜)
アルコール度数:15%
原料米:岐阜県飛騨産 ひだほまれ
精米歩合:60%
発売日:令和元年10月17日(木)

■渡辺酒造店について<
創業149年目、地元米「ひだほまれ」を中心に醸す清酒「蓬莱(ほうらい)」を製造。日本酒業界低迷のなかで、当社も一時期は売上高2億円台まで低迷。現代表・渡邉が経営の舵取りを担ってから経営方針を一新、お客様との直接のふれあいを最重要テーマに掲げ、直販、全国から1万人以上が集う蔵祭り、「非売品の酒」「蓬莱超ドS」、上智大学の学生と共同開発したイタリア料理にあう酒「Sui.Sui.Sui.」など、企画性の高い日本酒を次々と発売。この方針が支持され、売上は12億円まで急成長を遂げました。経済産業省「地域未来牽引企業」やANAファーストクラスで供される日本酒として選定されるなど、地元・飛騨の経済活性化のための大きな役割を担いたいと考えています。

商号: 有限会社渡辺酒造店
責任者: 代表取締役社長 渡邉 久憲
所在地: 〒509-4234 岐阜県飛騨市古川町壱之町7-7
HPアドレス: http://www.sake-hourai.co.jp/

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*