ラヂオの時間!!

週一でSBC信越放送のラジオ番組『ラジカン 』に出演させていただいている。毎回決められたテーマでトークを展開していて、昨日で5回目となった。少し慣れてきたのと、昨日はテーマが昭和60年だったから話しやすかった。でもね、素人相手に電話でトークを成立させるのは、さぞ大変だろうなと、いつも出演後には電話に向かって頭を下げている僕だ。

 

昭和60年といえば、やはり阪神タイガースの優勝が挙げられ、先方から投げ込まれた。これには対応できたのだが、ナイキの『エアジョーダン』とか、ファミコンの話を振られると全く反応できない僕だった。なんとも情けない。では北村さんにとって昭和60年はと問われて切り出したは、『ウイ・アー・ザ・ワールド』と『ライブ・エイド』だ。前年の『ドウ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?』によって巻き起こった奇跡だった。当時の僕は何度涙を流しただろう。これが音楽の力なんだと心のそこから歓喜した。

 

1969年のウッドストックは当然ながらリアルタイムで知らない。ベトナム戦争に反対する声をロックで絞り出した。ラブ&ピースをテーマにしたコンサートであり、映画をみては感動を味わっていた。まるでそれが再現されたかのような、しかも世界中を巻き込んで行われたことは、信じられないことが起こっていると大騒ぎした。僕にとっての昭和60年はこれが最も大きな出来事で、今の世界はまるで逆行していると訴えたりもした。

 

加えてピックアップしたのは、中村あゆみさんの『翼の折れたエンジェル』のヒットだ。何といってもあの歌詞である。当時19歳のかわいいあゆみちゃんが、17歳で初めての朝と歌ったことに何度も胸キュンしたと告った。と、一応の下準備してのぞむようにしている。

 

そんな僕に、リスナーさんからメッセーシをいただけた。出演冒頭に読んでくれたのはうれしいったらなく、これによってトークのテンションは上がりまくり、アナログのよさにほっこりした昨日だった。毎週火曜日、午後3時過ぎが出番なんで、ぜひ皆さんお付き合いくだされっ!!

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。