早見 優さんで勝負。

 

副編集長の竹部から、今回の特集の冒頭をかざる早見優さんのインタビュー記事を構成する写真を見せてもらってすぐさま「表紙にしたい」と伝えた。勝手なもんで、この辺は社会人なら誰もが恐れる丸投げである。竹部がその後様々な困難をくぐり抜けたであろうが、僕はただひたすらにワクワクしながら返事を待った。もしもこの写真で表紙が作れたら、また1つ伝説を作れる。大げさに感じるかもしれないが、この写真にそれほどの魅力を感じた僕だ。

 

待つこと約2週間。OKが出た。なんとゆうか、この完成度は神を感じさせられる。いや、菩薩さまだな。デザイナーにいくつか作ってもらい、大満足の表紙が出来上がった。56回目の勝負は『昭和40年男』史上最も美しい表紙で勝負じゃ!! 発売の11日は全国各地の書店のレジが大行列だぜ…、だといいなあ。

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。