TECH21カラーで5連覇を目指す!! ヤマハが2019年鈴鹿8耐のチーム体制を発表

ヤマハは5月22日に都内において、2018-2019 FIM EWC 世界耐久ロードレース選手権 第5戦 コカ・コーラ 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第42回大会(以下鈴鹿8耐)への体制発表会を開催した。ライダーは昨年と同じ、中須賀克行選手、アレックス・ロウズ選手、マイケル・ファン・デル・マーク選手の3人。監督も引き続き、吉川和多留氏が務める。さらにYZF-R1が発売21周年を迎えることで、ヤマハのエースゼッケン・21のオリジンである、”ヤマハ ”TECH 21 チーム”のカラーをまとったYZF-R1で出場することも発表。かつて鈴鹿8耐を沸かせたカラーリングのマシンとともに、ヤマハは今年、5連覇を目指す!!

中須賀克行選手のコメント

中須賀克行選手「TECH21が走っていた当時はまだ幼かったので記憶になないのですが…。自分は06年からヤマハ発動機とともにレースを戦い、そのなかでTECH21のことを諸先輩から聞き、また車両を見る機会があり、その歴史を知りました。ですから、そのカラーリングをまとったYZF-R1で戦えることは誇りに思います。そして自分自身に負けず、5連覇を目指します。応援よろしくお願いします」

吉川和多留監督のコメント

吉川和多留監督「TECH21が走っていた当時、私は高校生ぐらいだったのでまさに憧れていた世代。ですからライダーとして参戦したいという気持ちがあるのですが…(笑)。冗談はさておき、3人のライダーは非常にコンビネーションがよく、いいチームになっていると思います。しかし、今年はよりライバルチームも力を入れてきているので、これまで以上にしっかり5連覇を目指して精進していきたいと思います」

ヤマハ発動機 鈴鹿8耐スペシャルサイト

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*