鈴鹿8耐の夏が来る!!

昨日の雨はすごかったけど、今日は夏到来のごとく暑い。大好きな夏がすぐそこだと感じさせる本日、夏の祭典『鈴鹿8耐』のヤマハ参戦記者会見がギロッポンで開催され、汗をぬぐいながら出かけてきた。

 

会場はベールがかけられたマシンがあり、なんともワクワクしながらスタートを待った。演出もバッチリに次々と画像が流されチーム体制の発表が続く。ライダーはここ3年変わらない優勝常連メンバーで、中須賀克行選手、アレックス・ローズ選手、マイケル・ファン・デル・マーク選手の3人で固めて、今年も大本命だ。そしてこの日、発表の目玉となった発表はベールに包まれたマシンだ。今年は今や伝説となっている昭和60年の資生堂の『TECH21』カラーを復活させることになったのだ。カッコいいCMをご記憶の同世代諸氏は多いのではなかろうか。ヤマハのエースライダー、平忠彦さんがモデルになってのフィルムだった。当時は空前のバイクブームで、その日本チャンピオンの平さんはまるでアイドルのようだった。そんな時代のカラーを復刻させるのは、まさしく我々をターゲットにしているということだ。

 

当サイトに突如現れたバナーをご覧の通り、ヤマハとのコラボ企画も発進して読者の皆さんを誘う。おっさんにもう1度サーキットで興奮してもらいたい。できれば、ご家族で楽しんでほしい。これは僕の願いでもあり、ヤマハの願いでもある。共闘のつもりで、今年の鈴鹿をおっさんで賑やかにしてやるぜ。

ヤマハだけでない。先日の鈴鹿サーキットで開催された全日本ロードレースでは、ホンダが驚愕の速さを見せた。ホンダが全力で『鈴鹿8耐』の優勝にロックオンしてマシンを仕上げているということだ。現段階でこの速さとは『鈴鹿8耐』ではどこまでレベルアップさせるだろう。さらに今年は長らく参戦していなかった『カワサキ・レーシング・チーム』も復活して、外人トリオのライダーで優勝を狙う。『鈴鹿8耐』の歴史でもっともレベルの高いになることは確実で、目撃しない手はない。今年の夏は僕と一緒に会場で観戦しようじゃないか。7月28日が決勝レースだから、今すぐ手帳に書き込んでくれ。

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。