ボードゲームのパイオニア 「花山ゲーム研究所」が復活! 第一弾商品2種を販売開始

株式会社ハナヤマが立ち上げた「花山ゲーム研究所」から、アナログゲームのシリーズ第一弾商品として『フラワーズ』と『ミステリーゲーム』が発売されました。

なんとも懐かしいカードゲームの復刻です! 昭和40年男世代が子供時代に遊んだゲームといえば、もちろんアナログゲーム。みんなで集まって遊ぶゲームで、考える力やコミュニケーション力も自然と学んだものでした。ぜひ今の子供たちにもこんなアナログゲームで遊ぶ楽しみを感じてほしいものです。

同社からは、「ニューダイヤモンドゲーム」「ファミリーカジノ」「大富豪ゲーム」など、1970年代にヒットしたゲームの復刻版やニューバージョンが多数発売されています! 子供用というよりは、「昔子供だった大人用」といってもいいような、ついついやってみたくなるアナログゲームがいっぱい。パズルや知恵の輪などは、脳の老化防止にも役立つかも!?

「ミステリーゲーム」

価格:1,500円(+税)
セット内容:ゲームボード 1枚、ゲームカード 計16枚、凶器チップ 5個、コマチップ 4個、犯人プレート 1枚、サイコロ 1個、遊び方説明書 1部

「フラワーズ」

価格:1,500円(+税)
セット内容:ゲームカード 48枚、遊び方説明書 1部

以下リリースより

株式会社ハナヤマは、1933年に「花山ゲーム研究所」として創業し、日本における本格的ボードゲーム、カードゲームのパイオニアとして、現在に至るまで多くのアナログゲームを発売し続けています。今回、創業当時の名称である「花山ゲーム研究所」を、シリーズ名として復活させ、過去の名作の復刻やリメイク、また今までにない最新のアイデアを、順次カードゲームやボードゲームとして発売していきます。

『フラワーズ』は、自分の色の花を咲かせるカードゲームです。先にタテ・ヨコ・ナナメに自分の色の花が3枚揃ったプレイヤーの勝ちです。花が咲くまでには、土→種→芽→つぼみという成長過程があり、戦略的にカードを配置したりめくったりする必要があります。今までにない新しいアイデアのカードゲームです。

『ミステリーゲーム』は、ある洋館で起きた殺人事件について、カードのヒントを基に、犯人・凶器・殺害現場を推理していくカードゲームです。4名の容疑者、5つの凶器、7か所の犯行現場から手がかりを頼りに絞り込んでいきますが、プレイヤー同士の駆け引きも重要になります。1970年頃のゲームを復刻しました。

世の中のデジタル化が進んでいますが、一方でボードゲームカフェが人気になるなど、アナログゲームの面白さ、対面でのコミュニケーションの楽しさが注目されています。手軽に遊べる本格的カードゲーム『フラワーズ』『ミステリーゲーム』は、まさにタイムリーな商品と言えます。

■「花山ゲーム研究所」詳細

1933年(昭和8年)に花山 直康氏が現在の港区麻布十番2-3に花山ゲーム研究所として創業。「ダイヤモンドゲーム」、「プーレー(コリントゲーム)」等の室内遊戯玩具を発売。影絵パズル「ラッキーパズル」、ゲームセット「家庭盤」など、多数のゲームやパズルを作り、家族や友人同士での余暇の過ごし方としてゲームで遊ぶことを提案、日本における遊び文化の発展に貢献した。1972年(昭和47年)に株式会社ハナヤマに改組。

【消費者お問い合わせ先】
株式会社ハナヤマ お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-910-922

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。