昭和64年か平成元年か、揺れる男心。

奇数月の11日発売の『昭和40年男』にとって、年末進行とゴールデンウィーク進行は毎度ヒーコラ言いながら作業をして、暦に向かって何度もバカヤローと叫ぶ。今年のゴールデンウィークは噂の10連休とやらで、例年にも増して〆切が繰り上がり地獄を見た編集部だ。しかも今回の特集はかなりチャレンジングな構成にした。先ほど編集部を招集してお疲れさんをしたところ、今回の作戦〇〇は、もう2度とやめてほしいと松崎が言う。スーパー編集女子の小平に向かって「そんなことないよな、またできるよな」と投げかけたところ、首を横に振った。我が編集部に加入して約1年半になり、これまでどんな無理難題も引き受けてきたのに、そんな彼女を初めて見た。と、それほど複雑な作戦〇〇を使った巻頭特集で、こちらについては後日またつぶやくことにする。衝撃的な表紙とテーマは6日大安に発表させていただく予定だ。

 

さて、写真は表紙の色校正と呼ばれる試し刷りだ。悩みに悩み抜いたこの部分を見てくれ。連載特集の『夢、あふれていた俺たちの時代』は、俺たち世代が幼少から大人の階段を上った昭和46年から63年の1年を切り取りながら、もうすでに3往復が完了しそうなところまで来ている。昭和63年までとしたのは、俺たちにとって昭和のキラキラ感と平成は異なるとの判断だ。が、昭和64年はあった。わずか7日間だがあった。今回の改元に乗っかって、今がチャンスとこの連載が始まって以来初となる昭和64年に踏み込んだのである。特集内では双方を併記した。では表紙はどうするかと散々悩んだのである。

 

『昭和40年男』の表紙は、特集を象徴する画像とタイトルでバシッと決めることにしている。そしてロゴ上には特集以外のキーワードを並べるのだ。ここに当初、昭和64年として印刷所に入れた。悩みながらも決定して色確認の試し刷りを待った。そしてこれが出てくるとまた心が揺れまくった。こうして赤字を入れてもまだ迷っていた昨日の僕だ。さあ、僕は結局どちらで発行することにしたでしょう? それは後日の発表を待たれよ!!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*