理科の実験という名の修験道!

昭和40年男の悲惨な戦い

昭和40年男の少年時代は、決して楽しいことばかりじゃなかった。今思えば笑っちゃうようなことでも、俺たちは真剣に悩み、戦っていた! ここではホロリと苦い「悲惨な戦いの記憶」を通じて、昭和40年代&50年代という時代を振り返ってみたい。

「指に針を刺せ」と笑顔で迫る教師に百恵もビックリ!?

みんな覚えているかしら、あの白いブランコ…じゃなくて理科の実験を! 俺たち昭和40年男の小学生時代、理科の授業はやたらと実験が多かった。アトラクション度が高くて楽しかったけど、時々変な実験があって、けっこう大変だったよ!

ある時「水に塩を入れると氷点下でも凍らない」実験をすることになって。それがなんだか「試験管に温度計突っ込んで塩水を入れ凍らせて、アイスキャンディを作りましょう」ってことになったわけ。塩水凍らせただけでアイスキャンディって言うなよ!って今なら思うけど、当時は飢えていたから俺たちも「わーいアイスキャンディだ」って喜んでつくったわけ。そして塩入れたからマイナス2℃くらいでも凍んなくて、マイナス5℃でやっと凍って実験終了。さあ食べましょう、ってここで問題発生。キャンディ、っていうか塩水氷が試験管に完全に貼りついて、出てきやしねーの! 先生これどーすればいいの?

「少しお湯かけてみましょー」

それ危なくねー?と俺たち全員思ったけど、当時は先生ファシズムの時代だから逆らえない。そして凍った試験管にお湯かけたら案の定「バリンッ!」っていって試験管がメタメタに割れて、テーブルの上はガラスの破片だらけ! そんな中から出てきた塩水氷を「食べていいわよ」と言われても。破片が残って口切るやつとかいたら、今なら大問題。しかもキャンディのバーが温度計ってのも。ケガする奴はいなかったけど、つくづくマヌケだったねアレは。

その余韻も消えないうちに、また実験は行われた。果物に含まれる酸を調べて酸性について学べってことで4人ずつの班に分かれてひとり1種類、計4種類の果汁を絞ることになった。ミカン、レモン、リンゴ、ダイコン。
だからなんでダイコンなんだよ果物じゃねーだろうが! しかも間が悪い俺はダイコン担当になってしまい、スリスリすりおろしてガーゼで絞ってダイコンジュースの一丁上がり。リトマス紙に浸して実験終了、と思ったら。
「じゃあ絞った果汁を飲んでみましょー」ってアホじゃねーのか担任女! しかし当時は先生ファッショ、俺はダイコン汁を一気に飲んだ。グビッ。ゲロまずい! 当時の俺は全野菜が嫌いだったから死ぬかと思った。

そんな俺の横で、レモン担当のおぐちゃん(再登場)も100%レモン果汁を一気飲みさせられて苦しんでいた。生徒を殺す気かファッショ教師。だがそれは恐怖の予兆にすぎなかった。ある日その世紀末の実験は、突然行なわれた!

「今日は自分の血液型を調べます。指の腹に針を刺して、血を出しましょう」。やっていいのかその実験! そしてヘタレだった俺は、どうしても自分の指に針が刺せない。ツンツンいじくってたらサカムケして血はにじんできたけど、血液型を調べるには大量の出血が必要だ。するとここで、グズグズする俺にファッショ教師が気づいた。「もっと深く刺さなきゃ!」と俺の指に針をグサッ!

ギャアアアアアッ!!!

めでたく血はドピュッと出てO型でハイ実験終了。って教師が生徒を刺して問題ないのか?そして血液型を調べて両親の実の子ではないと発覚したら、どう責任を取るのか。

「お父さんはO型でお母さんはAB型、だから私もAB型」ってそれは違うぞ『赤い疑惑』の百恵状態! それでもウチの学校は、フナやカエルの解剖はなかった。カエルはなー、エグいよなー。今はさすがにしないみたいだけどねカエルの解剖。

あと今は危険だからアルコールランプは使わないのと、アスベスト問題で石綿付き金網もNG。俺らしょっちゅう両方使って、ビーカーでいろいろ配合して熱したけどね。よく爆発とかしなかったよなー今思えば。
結局俺は文系に進んだので、今となってみればすべての実験が必要なかった。本当にアホだったね昔の小学校って。オデンのダイコン食べる度に思い出すね、当時のアホアホぶりを。

文:カベルナリア吉田

【「昭和40年男」vol.47(2018年2月号)掲載】

昭和40年生まれの紀行ライター。普段は全国を旅して紀行文を書いている。この1月に新刊『ビジホの朝メシを語れるほど食べてみた』(ユサブル)出版したからヨロシク! 去年出した『おとなの「ひとり休日」行動計画』(WAVE出版)、『突撃! 島酒場』(イカロス出版)、『何度行っても変わらない沖縄』(林檎プロモーション)、『狙われた島』(アルファベータブックス)全部ヨロシク! 2月17日には東京・世田谷の「かなざわ珈琲」で手料理つきバレンタイントークショーやるから来てくれよな!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*