代官山で名車『TOYOTA 2000GT』を1月4日~1月25日展示【カーライフセレクトショップ&ファクトリー「Podium」】

株式会社佐藤商会(東京都目黒区)は、日本を代表する名車「TOYOTA 2000GT」を、代官山にあるカーライフセレクトショップ&ファクトリー「Podium」(ポディウム)にて、2019年1月4日(金)から展示します。

TOYOTA 2000GT

【展示予定】

2019年1月4日(金)~2019年1月25日(金)

※ 期間中もメンテナンスなどで代替車両の展示となることがあります。

同時展示車両:「デロリアン DMC-12」2018年12月20日~2019年1月20日

次回展示は1月下旬から「フェアレディZ 432」を予定。

デロリアン DMC-12

『Podium』では、旧車から新車まで多くの自動車のメカニカルとボディのメンテナンスをおこなっている。最近の車はもちろん、車齢50年の愛車のメンテナンスを任されることも多い。『Podium』ではその一台一台が、いつかは「希少な名車」と呼ばれる日が来ることを願い、そんな想いを込めて、名車・旧車を定期的に展示しているという。

「TOYOTA 2000GT」とは

トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発し、1967年から1970年まで生産されたスポーツカー。

当時の2000GTの価格は238万円で、トヨタ自動車の高級車であるクラウンが2台、大衆車のカローラが6台買える程高価だった。日本を舞台にした映画『007は二度死ぬ』(1967年)にはボンドカーとして採用されるなどトヨタ自動車のイメージリーダーとして活躍。2013年にはクラシックカーオークションで、日本車としては最高値である1,155,000ドル(約1億1,800万円)で落札され、まさに日本を代表する名車といわれている。生産台数は輸出分も含めて、わずか337台だ。

『Podium』について

『Podium』(ポディウム)は、ショップ、ファクトリー、カフェ、ギャラリー、ポケットパークで構成されています。ショップとファクトリーには、グループの運営するオートバックス代官山店。同店は1995年開店以来、輸入車、高級車を中心に整備、用品販売、ボディケアを行い、プレミアムカーユーザーに支持されています。ギャラリーでは、カーライフ関連の展示とセレクトショップとしてドライビングシューズ、グローブなどの逸品も販売。植栽に囲まれたポケットパークは車の展示スペースとして貸し出しも行われ、輸入車ディーラーのイベントにも利用されています。カフェは3種の抽出方法を選べるなど本格コーヒーを楽しめます。TOYOTA 2000GT、フェアレディZ432、1933年式オースチンなど名車、旧車の展示も人気を博しています。

【店舗概要】

 Car Life Concierge「Podium」(ポディウム)

所在地:東京都目黒区中目黒1-3-12 駒沢通り沿い

営業時間:10:00~20:00

取扱い商品:ドライビングシューズなどファッション性の高い カーライフ関連商品、タイヤ、オイル、バッテリー、アクセサリーなどカー用品全般

取扱いサービス:タイヤ交換その他整備、車検、コーティング、カーフィルム施工など

TEL:03-3719-2100(オートバックス代官山店共通電話)

URL:https://www.urg.co.jp/carlife/podium/

フェイスブック:https://www.facebook.com/podium.daikanyama/

【店舗・取扱商品に関するお客様からのお問い合わせ先】

担当:Podium コンシェルジュ 三佐川/オートバックス代官山店 店長・橋本

「TOYOTA 2000GT」といえば、今さら説明不要な名車だが、同時展示される「デロリアン DMC-12」も、昭和40年男世代には、あの映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のタイムマシンに使われたクルマとしてあまりにも有名!そんなクルマたちを見ることができるとあっては、ぜひ出かけてみたいところですね!

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。