体内年齢が若すぎる! 体組成計の表示を信じていいのか?の巻

皆さんは毎日体重を測定していますか? メタボが気になる人も、気にならない(気にしない)人も、健康管理のためには自分の体重を把握しておくというのは大切なことです。習慣にしてしまえば、なんてことないのですが、女性はともかく、男性のなかには「体重測定は年に一度、健康診断の時くらい」という人もいるのではないでしょうか。気がついたら1年で5kgも体重が増えていたなんて…ちょっとそれはまずいですよね。

できれば一日一回、お風呂に入る前とか、朝起きた時とか、時間を決めて体重計に乗るくせをつけると、わずかな体重の増減にも気づくことができます。5kg、10kgも太ってしまったら、元に戻すのは大変! 2~3kgくらいの増加なら、1週間も頑張ればやせられますから、日々の体重管理が大切なんです。そもそも、家に体重計がない!という人は、まずは購入しましょう。気になるのは体重だけじゃない、体脂肪も気になりますよね? 最近では体脂肪が測定できる機能が付いた体重計も価格が安くなっていますが、これから購入するならいっそ「体組成計」がおすすめです。

体組成計…ダイエットを意識している人はご存じだと思いますが、体重計すら持っていないという人だと、イマイチよくわからないかもしれませんので、簡単にご説明しますと、体重だけでなく体脂肪、内臓脂肪、筋肉量、骨量、代謝量、BMI値から、体内年齢までも算出(?)してくれる進化した体重計なのです! 自分の生年月日や性別などの必要データを登録するだけで、あなたの身体の中の数値をあっという間に計測してくれるので、生活習慣病やメタボが気になる人には、何をどのくらい減らせばいいのかとか、筋肉量が少ないことがわかったらどうやって増やそうか?とか、具体的な目標も立てやすくなります!

私は7年ほど前に某有名ヘルスメーカーの体組成計を購入しました。もともと太ってはいませんが、「ヤセていても内臓脂肪が多いことも…」なんて話を聞くと、ちょっと心配になるもので、とにかく内臓脂肪量を知りたくてついに購入に踏み切ったわけです! いろいろ設定を終えて、いざ、測ってみると…どきどきしましたね~。体重、体脂肪は知っていましたが、問題の内臓脂肪…セーフ! 骨量も大丈夫、代謝も悪くない、ただ予想通り、筋肉量が少なかったです(^-^; でも、まぁまぁ合格点。で、体内年齢は…24歳?!(当時49歳)いくらなんでも若すぎやしませんか? でも、まんざら悪い気はしないもので、これからもこの体内年齢を保っていくように頑張る!という漠然とした目標ができたわけです。筋肉量を増やしたら、来年は体内年齢23歳になるかもっ!とか、欲がでてくるんですよ、これが(笑)

ところがですよ、翌年の誕生日を過ぎたら、きっちり25歳に上がってるんですよ体内年齢が…いやいや、それはないでしょう! 実年齢は確かに50歳になったけど、だからといっていきなり体内年齢もですか? なんか納得いかないんですけど…。その後も順調に歳を重ね、56歳になった今は体内年齢31歳。7年前から1歳ずつ増えました(笑)。体脂肪等 それぞれの数値的にはあまり大きく変化はしていないのですが、まぁこんなもんかと、いつの間にか体内年齢はあまりあてにしなくなっている今日この頃ですが、実年齢より若けりゃ十分! とにかく、 この7年間で何かの数値が極端に悪くなることもないというのは、それなりに毎日意識して体重、体脂肪、その他もろもろを測定していたからにほかならないと言ってもいいでしょう。まさに「頑張らない健康コラム」おすすめの健康法の第一歩、まずは体組成計で毎日体重を量り、自分の身体の真実、体内年齢の真実を知りましょう! 若けりゃうれしい、老齢を宣告?!されたらそれを改善する気持ちになるでしょう! こんな単純なことでも、意識を変えるきっかけはつかめるのです。運動したり、食事をコントロールした結果が自分の目で確かめられれば、頑張り甲斐もあるというもの! 昭和40年男なら、目指せ体内年齢30代!(根拠のほどは定かではありません。悪しからず<(_ _)>)

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。