海岸清掃をご一緒に!!

ちょいとそこのお兄さん、お姉さん。あちきと一緒に遊びましょうや。昨日は忘年会にお誘いしたばかりなのに、今日はなにかと問われたら。11月11日、イイ〜イイ〜の日に開催される海岸清掃イベントじゃ。

 

僕は昭和40年男の仕事と並行して、バイク関連でも重要なミッションをいくつか抱え込んでいる。発行するバイク雑誌の数々のネゴシエーターにレースの盛り上げ役、そしてバイク乗りによる地球愛護活動『ラブ・ジ・アース』実行委員会を牽引しているのだ。『昭和40年男』なんてカゲもカタチもない頃の2002年にこの活動を宣言した。バイクを楽しむことで少なからず地球環境にインパクトを与えている。ならば楽しませてもらっている分、地球環境に対して普段の生活から愛を込めて恩返しをしていこうという気持ちのスローガンを掲げたのだ。

 

加えて、象徴的なイベントということで『ラブ・ジ・アース ミーティング』を立ち上げた。これはライダー同士で集って、世界とつながる海岸をきれいにしようと年に2回全国の浜をツアーしている。その32回目のイベントが、愛知県田原市の白谷海浜公園で行われるのだ。バイク乗りのイベントじゃ関係ないなと言ってはならぬ。僕が会長を務めている以上『昭和40年男』読者は参加義務がある(笑)。実際駆けつけてくれる読者さんはいるし、そもそもバイク乗り以外の方も多数参加するから安心して来場いただきたい。

 

午前中に海岸清掃を行い、終了後は僕の進行でステージイベントを行う。昨日このサイトで公開した『俺たちの昭和歌謡』のトークは下手くそだなと猛省しているが、これがイベントになると豹変する(!?)。お客さんが目の前にいてその空気感の中でしゃべるのと、カメラの向こうで観てくれている方に語るのとでは全く違うのだ。このトークショーのゲストに、日本のロードレース最高峰クラス『JSB1000』をヨシムラで戦う津田拓也選手と、今年よりワークス体制になったホンダ、HRCのエース高橋 巧選手が来てくれることになった。津田さんはチームこそワークスではないが、スズキで走るエースである。『JSB1000』の最終戦が11月4日だから、シーズンを終えたばかりのコメントが取れて盛り上がるはずだ。とはいえ、レースに全く興味のない方々という前提でトークを展開するのでのんびり過ごしていただきたい。まだゲストの発表のないヤマハからもきっとおもしろい人選をしてくれるだろう。52号の発売翌日というのも気持ちのいい設定である。皆さん、地球環境愛護と僕の会を盛り上げるために、ぜひ来てちょうだい!!

 

 

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*