誕生!昭和40年『Nゲージ(関水金属)』

誕生! 昭和40年 born in 1965

【「昭和40年男」Vol.47(2018年2月号)掲載】

昭和40年に生まれた、言わばタメ年の商品やサービスを我々の思い出と共に紹介する連載記事である。今回は、憧れだった鉄道模型Nゲージ。寝台特急やSLなど走らせたい列車がたくさんあった。

最初に発売された蒸気機関車『C50』。当時の価格は3,950円。細部まで再現され、小さな模型とは思えない仕上がりだ。同時に客車の『オハ31』も発売され、SLけん引の列車を再現できた
Nゲージ初期に発売された製品。都心を走っていた『103系』(左中)をはじめ、赤い車体の電気機関車『EF70』など懐かしい顔ぶればかりだ

自分の好きな列車を走らせてみたかった。

小学生の頃、お年玉がたまると、今年こそは手に入れたい! と思うものがあった。それが鉄道模型だ。特に、1970年代のブルートレインブームの頃は、週末になると東京駅へ行って写真を撮り、平日には鉄道模型を持っている友達の家で触らせてもらい、〝自分の列車〟を走らせることを夢想したものだ。
 鉄道模型には複数の規格が存在するが、子供時代に身近だったのはやはりNゲージだ。縮尺150分の1、線路幅9㎜、車両は手のひらに乗るほどのコンパクトな規格だが、作りは精巧で鉄道ファンも納得させた。それにHOゲージ(※)などは車両も大きく迫力もあったが、1両で2万円以上するものがあるなど、なかなか手が出なかった。加えて、当時の住宅事情から遊べるスペースは限られていたので、子供にとってはNゲージこそが鉄道模型だったのである。
 そんなNゲージは60年にドイツで初めて発売された後、日本では関水金属(=KATO)が昭和40年に蒸気機関車『C50』と客車の『オハ31』を発売し、国内で初めてシリーズ化した。これによって国内における実質的なNゲージの普及へとつながったのだ。
 それ以前は、HOゲージなどの部品を製造して他社に供給していた同社だが、「誰もが手軽に楽しめる鉄道模型はできないか」と考え、自社ブランドでのNゲージの開発を決めたと言う。翌66年に通勤電車『103系』や貨車、固定式線路も発売され、他社も参入するなどNゲージの人気は高まっていった。こうして昭和40年男も鉄道模型に親しめるようになっていったのだ。
 今や、日本ではNゲージが鉄道模型の主流となり、多くのファンを持つようになった。最新の新幹線はもちろんのこと、蒸気機関車や旧型の客車まで、さまざまな模型が毎月何種類も発売されている。凝り始めると、好きな風景のジオラマで走らせたくなる世界だけに、大人の趣味としても最高だ。まずは、子供の頃に憧れた列車を走らせるところから始めてみたい。

1975年に発売された国鉄のディーゼル特急である『キハ82』。内部の構造を改良して車窓からモーターを見えなくすることに成功した、画期的な製品だった
1982年頃撮影の『20系客車』(後にリニューアルされたので、KATOでは旧型に位置する製品)と、けん引していた『EF65形電気機関車』など。70年代に子供たちの世界を席巻したブルートレインブームの時は、模型でも楽しんだ
発売中の製品のひとつ、北海道新幹線はやぶさの『H5系』。ジオラマで撮影されたものを見ると、まるで本物のような出来栄えだ

写真提供:KATO

【「昭和40年男」Vol.47(2018年2月号)掲載】

文:舘谷 徹/昭和40年7月、埼玉県生まれのライター・脚本家。広報誌やWeb記事、ドラマやアニメの脚本を執筆。プラネタリウムで活動する市民グループにも参加中

『昭和40年男』定期購読のご案内

2件のコメント

  1. 昭和41年男Oさま
    鉄道模型にとてもお詳しいんですね!コメントありがとうございます。「エース」のお写真は大人気で、現時点で「大賞レース」のトップを独走中です(^^ゞ

  2. 琴線に触れましたので、一言。
    鉄道模型の取っ掛かりは16番でしたが、いさみやさんのクハ75を作ったあと、3歳下の従兄弟に感化されてあっけなくNに転向。現在は両方やってます。
    昭和50年代前半は関水さん、TOMIX、学研のまだまだ製品の種類も少ない時代でしたが、
    153系、181系、20系客車とEF65の500番台などを買い集め、TOMIXの茶色いレールの上で走らせていました。
    KATOさんですと、昨年出た東急のデハ7000がノーベル賞ものではないかと思ってます。幼少から乗っていた思い出の車両ということもありますが、パイオニアの台車が秀逸です。日本が世界に誇れるメーカーですね。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。