最新号がやってくる〜大島 渚さんのページが熱い。

発売がいよいよ明日に迫った。『熱愛』をテーマにして5つのパートを作っていて、先日まで解説させていただいたのがパート1の“震えた作品”だ。続いてパート2では俺たち世代にさまざまな愛を教えてくれた“人”を独自の視点でピックアップしてお届けする。ちょっと意外な人選だと思われるかもしれないが、その方々が世に放った作品群に込められた愛の意味や、俺たち世代への影響を考慮して激論の編集会議を経て4人が決定した。そのトップバッターが大島渚さんである。

 

性表現をめぐって世間を騒がせた『愛のコリーダ』の強烈な写真から誌面は展開する。小学生だった俺たちは見ることができなかったが、その後の裁判も含めて記憶には強烈に残っているはずだ。作品の背景にある阿部定事件にある、究極で極限と言える愛を描く大島 渚さんは昭和に大きな波紋を広げた。作品とはなんぞやと世に問いかけた姿に、俺たちはおおいに考えさせられた。

 

そして俺たち世代になじみ深い作品が『戦場のメリークリスマス』だった。高三のセブンティーンだった僕は同級生と軽い気持ちで出かけたが、終了後はしばらく2人に会話がなかったのをはっきりと覚えている。映画館を出ても遊びに行く気になれず、そのまま解散した僕らだった。

 

と、想定外の愛を見せてくれた氏に今更ながら感謝の気持ちは大きい。誌面には強い言葉が並び、読み応えがあると手前味噌ながら満足している。パート1との切り替わりも大胆で気に入ってたりする。明日、ぜひ手に取ってちょうだいな!!

 

 

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。