昭和40年男が綴る、連載小説『昭和40年男』が日刊ゲンダイで10月より連載開始!

『昭和40年男』というタトルの小説が 日刊ゲンダイの1ヶ月読み切り連 載小説として10月1日(月) から掲載がスタートする。 著者は、以前弊誌連載 「タメ年のスゴイやつ」に もご登場いただいたことがある作家・佐川光晴だ。

作家・佐川光晴 (C)日刊ゲンダイ

この小説の主人公は昭和40年生まれの山田三男。元・体操のオリンピック候補だったが、ケガで体操を断念したという過去をもつ。しかし 高度成長期の勢いと マンガやラジオなどたくさんの笑いがあふれていた時代に育った”昭和40年男”らしく、その性格は大らか。現在は「主夫」として、キャリアウーマンの妻・莉乃、新体操のオリンピック候補の長女・美岬、中学2年の次女・千春をサポートする毎日を送っている…。

本作は2016~18年の現代を舞台に、そんな昭和40年男・三男の夢への再挑戦、また昭和40年男たちが直面する、夫婦や介護問題にと奔走する姿を、周囲の人々とのふれあいを交えて描く、1ヶ月読み切り3話の連作短編小説だ。少年・青年時代に親しんだマンガや歌謡曲がモチーフとなっていて、まさに等身大の昭和40年男の世界が展開されるので、興味を持った方はぜひ読んでみていただきたい。

小説『昭和40年男』(全3話)

第1話「じゃりン子チエは神」10月1日~
第2話「星一徹の涙」11月5日~
第3話「百恵ちゃんフォーエバー」12月3日~

佐川光晴/昭和40年2月、東京生まれ神奈川育ち。北海道大学法学部卒。近著に『校長、お電話です!』(双葉社刊)がある。講演や対談なども積極的に行っている。

本誌と同名のタイトルの小説を、昭和40年男・タメ年の佐川が描くというまさに「等身大」の小説と言えよう。仮面ライダーや百恵ちゃんが物語のテーマになっていると聞けば、これは読まずいられない! 

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。