こんなクルマが欲しい!スズキ・新型「ジムニー」、新型「ジムニーシエラ」が熱い!

7月5日に発売が開始された、スズキ・新型「ジムニー」、新型「ジムニーシエラ」の話題に注目が集まっている! 20年ぶりのフルモデルチェンジで、発売前から今か今かとそのリリースが待たれていたジムニー。本サイトのS40ニュース!でもいち早く発売の情報をお知らせしているが、今日はその発表会の模様をほんの少しご紹介しよう。

自然のなかをイメージして展示された、新型「ジムニーシエラ」。「ジャングルグリーン」のカラーリングがぴったりとマッチする。
悪路を想定した展示も。コンパクトでも実際にこんな走行も可能なパワフルボディの新型「ジムニー」

世界で累計285万台を販売している「ジムニー」の初代、2代目、3代目も展示されて、オールドファンには懐かしいその姿もお目見え。今回の新型発売で、軽・小型の4WD市場をさらに盛り上げてくれることだろう。

左から初代、2代目、3代目。初代のデザインがなんとも言えない、唯一無二の雰囲気を醸し出している。

これから本格的なアウトドアシーズンに向けて、大活躍してくれること間違いなしの新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。タープを付けてみると、こんな感じでゆったりくつろげる。

新型「ジムニーシエラ」の荷室開口部分

大きな開口部と大容量の荷室。荷室床面はフラットになり、よりスペースを無駄なく活用できる設計になっている。後席シートベルトを脱着式にすることで、後席シートバックを倒した際の床面がすっきりとして積載性を向上、かつ荷物を出し入れする際も腰に負担のかからない高さに設計されているのがうれしい。

プロユースにも応える使い勝手を追求したという新型「ジムニー」、新型「ジムニーシエラ」だから、オフロードの過酷な走行にも、今まで以上に力強い走りをみせてくれるに違いない。アウトドア派の昭和40年男にとっては、「自分だけ」の一台としてぜひセカンドカーに欲しいという人も多いだろう。ソロキャンプにもピッタリな「ジムニー」はまさにおすすめの一台だ!

詳細はスズキ公式サイトにて!

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。