副業をテーマにした「パラレルワーク・ディスカバリーVol.1 COMEMO Business Night Out」開催

日本経済新聞社は7月30日(月)、ビジネスパーソンが知見を共有するプラットフォーム「COMEMO(コメモ)」によるビジネスセミナーとして「自分に向いた副業・複業とは」をテーマにしたイベントを開催する。モデレーターは『仕事に殺されないアナザーパラダイスの見つけ方』(フォレスト出版)などの著者で、ライフワーク・クリエイト協会理事長の潮凪洋介氏。人生100年時代を楽しく生きるヒントにもなりそうだから、興味のある人はぜひ参加してみてはいかがだろうか。

社外で第2の仕事(パラレルワークやライフワーク、副業)を探したいという人が増えているという。その一方で「どんな副業があるのか分からない」「自分に向いている副業とは」といった悩みもあるようだ。パラレルワーカーの達人の話を聞くほか、カードを使ったワークショップで、副業についての考えを深めていくという本セミナーは先着50名だから、ぜひ参加したいという人は早めに申し込もう。

セミナー開催概要

主催:日本経済新聞電子版

協力:ライフワーク・クリエイト協会、オーガナイズ/Yosuke shionagi

開催日時:2018年7月30日(月)18:30~21:30 (開場 18:30、開演19:00)

場所:日本経済新聞社 東京本社ビル2階 SPACE NIO

参加費:4,000円(ネットワーキング含む。COMEMO会員は3,500円)

*COMEMOの会員登録者限定チケットをご購入のお客様は購入後、イベント入場時までに登録をお願いします。会員登録は無料です。

人数:50名(先着) 参加申し込みはこちらから

COMEMOとは
日本経済新聞社が「ビジネスパーソンが知見を共有するプラットフォーム」として2017年夏にローンチしたデジタルサービス。ビジネスの第一線で活躍する人たちが、日々のニュースや書籍、交流等から得た気づきや考えを投稿し、気になるユーザーやタグをフォローして情報収集・発信することで、ニュースへの理解を深めるとともに、ユーザー同士の知的つながりを生むプラットフォームを目指している。

老後の貯蓄のことや、ローンの返済など、経済面の不安を抱えていたり、定年後のやりがいなどを探しているという人も多いことだろう。そんな昭和40年男にもおすすめのセミナー。何かのきっかけで、今後の人生が大きく変わることもあるかもしれないから、達人の話を聞くだけでも刺激になるのではないだろうか。

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。