全日本ロードレース、第2戦!!

期待された通りに結果を出す。つい先日僕、いや日本中を号泣させたフィギィアの羽生選手しかり、二刀流にチャレンジしている大谷選手しかり、カラータイマーの鳴り始めたウルトラセブンしかり、プレッシャーを跳ね飛ばして活躍するアスリート(セブン?)たちの姿は胸を打つ。昨日のバイクレースにおけるヤマハファクトリーの中須賀選手も、期待通りに圧倒的な強さを見せて見事優勝した。

彼は2012年から続いていたシリーズチャンピオンを去年逃した。昨日の決勝レース前にこのブログに書いたのは、逃したことによってひと回りもふた回りもでっかい存在になった気がするとしたが、決勝を見て“気がする”は確信になった。強い、圧倒的な強さだ。まさしく期待通りに結果を出し、晴れ晴れとした表情で記者会見の席に着いた彼に大きな感動を得た。

今日はどうなることだろう。外れると嫌なんだが、勇気を出してトップスリーの大予想といかせていただく。まず、今日の3位は〜、ジャン!! ホンダワークス、HACの高橋選手。昨日も2位を獲得して1周のタイムではベストを叩き出している。ケガを負っているものの、10年ぶりのワークス参戦はさすがの意地を感じさせた昨日だった。今日も勝利を目指して頑張っていただきたい。

2位は~、ジャン!! ヤマハ、野左根選手。昨日は残念な転倒となったが、成長著しい若手の活躍を期待してしまうおっさんだ。中須賀選手の勝利もあり、チームとして1・2を狙う。今日は昨日の無念をぶっ飛ばしてほしい。そして1位は~、ジャン!! ヤマハ、絶対王者中須賀選手だーっ。てな訳で今日の書き出しである。期待通りの結果を出す強さはフィジカルももちろんだが、彼からはメンタルの部分でも強さが溢れ出ている。男として手本になるし走りも熱くさせてくれる彼の、連日の勝利が見たい。

プレスルームで隣に座った某ジャーナリストの予想を聞くと、頭から高橋選手、中須賀選手、野左根選手だった。気持ちとしては、ヨシムラの津田選手、渡辺選手、ハルクの水野選手、カワサキの渡辺選手、松崎選手にエールを送っている僕だ。さてさて、どうなるだろう。日本最高峰のレースは14時半のスタート予定だからみなさん、栃木にいらっしゃーい。

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

1件のコメント

  1. もてぎのJSBか大磯の須藤元気ジムカーナか悩みましたが、初開催という事で今回は須藤ジムへ行ってしまいました。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。