【S40News!】世界戦略車・スーパーカブの真実。

ホンダ スーパーカブ 世界戦略車の誕生と展開
『ホンダ スーパーカブ 世界戦略車の誕生と展開』 三樹書房 編集部編/発行:三樹書房/価格:2,400円(+税)

『ホンダ スーパーカブ 世界戦略車の誕生と展開』が三樹書房から発売された。

本書は、初代スーパーカブ(C100)を中心にしてまとめた初版(1997年)に増補改訂を加え、誕生60周年新訂版として再編集されたもの。誕生からの足跡を紹介し、その歴史のなかで誕生した数々のモデルを、開発者の証言や詳細なモデル変遷などで解説している。

1958年。日本のシンボル・東京タワーが完成したこの年、後に「世界一愛されるバイク」となるホンダ・スーパーカブは誕生した。初心者や女性でも手軽に乗れて、通学、配達での便利さが受け爆発的な人気となり、ホンダのバイクは日常風景の一部となった。1974年、昭和40年男が9歳の頃には生産累計台数1,000万台達成というから驚きだ。思い返せば、そば屋のオヤジが乗っていたのも、新聞屋の息子が乗っていたのも、みーんなスーパーカブだった。親父や兄貴から受け継いで、初めて乗ったバイクだという昭和40年男もいるかもしれない。

スーパーカブは、今年誕生60周年。ビジネスで活躍するタフな相棒は、今や世界160ヶ国以上へ羽ばたき、それぞれの地域に適した進化を遂げている。見ただけでわかる車体スタイルは、誕生からほぼ変わらず、乗り物で日本初となる立体商標として登録された。昨年秋には新型スーパーカブが発売され、さらに世界生産累計台数1億台突破!で大きな話題となっている。そういえば、テレビの旅番組で映った、バイク天国・タイの街中を走るほとんどがホンダだった。日本だけでなく、世界でも日常風景の一部となっている。あらためて、ホンダの代名詞とも言うべきスーパーカブ・シリーズを本書で振り返り、これから生まれる新たな世代に期待したい。

   

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。