52歳の無駄な努力!?

これなんだ? 直径が70センチもあり、採用間もないってのに狭い居間では邪魔者扱いされている球体である。

今年はえらく太ってしまった。夏に足の病気で10日間も寝込んだ。その後もしばらく痛みが続き歩く量がガタンと落ちて、伴ってブクブクと太ってしまったのである。対策に乗り出した昭和40年男が選んだのは、ジャン、バランスボールだ。

加齢に伴って、太りやすくて痩せにくい体になったのはみなさんうなづいているところだろう。代謝力が落ちているからに他ならず、筋肉量を増やすことが抜本的な対策である。ここ近年は体幹トレーニングによりインナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝を上げることが提唱されている。そこで、ラクチンに鍛えちゃおうとこいつを手に入れたのだ。テレビを見ながら、新聞や雑誌を読みながら、はたまた歯を磨きながら鍛えちゃえという作戦だ。

が、こいつに座ってバランスをとるのはなかなか難しい。そもそもバランス感覚の悪い僕で、足を離すことができないまま数日が経過している。だんだんと乗る時間が減っていて、このブログに書くことで気合を入れ直そうという姑息な僕だ。そう、何事もラクチンに行くはずがなく、ましてや痩せるのは大変な努力が伴うのである。とかく努力の捻出がかったるくなっているおっさんだが、せっかく一念発起して手に入れたこいつを、邪魔者として葬られないようにしなくてはいかん。目指せ、ライザップに行かずしてスリムな自分!!

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。