【S40News!】ルノー・メガーヌのNEWモデル発売。


ルノー・ジャポン『メガーヌ』の5ドアモデルを本日5月26日に発売する。

『メガーヌ』は95年に登場したCセグメントサルーン。今回のモデルチェンジで3代目となり、日本では3ドアクーペの『メガーヌ ルノー・スポール』が先行販売されていた。今回発売されたのはそのベースモデルである。デザイン・フォー・ザ・ドライバーをコンセプトに、流れるような躍動的なエクステリアデザイン、ドライバーの意思を正確にトレースするハンドリングとレスポンスを目指した。

大きなグラスエリアと、切り立ったリヤウインドウ、そして突き出したテールの造形が特徴的だった先代メガーヌだが、新型はロー&ワイドなプロポーションに変貌。ショートオーバーハングと合わせてスポーティさを強調しつつ、後方へと流れるような流線型とすることで、伸びやかさを演出している。おもしろいのは新採用のオートパーキングブレーキ。エンジン停止時に自動でパーキングブレーキがかかる仕組みで、エンジン始動後走り始める際、自動で解除される。これはらくちんな装備だが、慣れると他のクルマでパーキングブレーキをかけ忘れるかも?

パワーユニットは、日産と共同開発した2Lガソリンエンジン。最高出力140ps/6,000rpm、最大トルクは195N・m/3,750rpm。最大トルクの87%を2,000rpmで発生し、低回転でのレスポンスに優れる。またアルミ製シリンダーブロックや複合材料の採用により、エンジン重量は、1.6Lエンジン並みに抑えられているのも大きな特徴だ。これにトランスミッションは6速マニュアルモード付CVTが組み合わされる。

快適性を重視した“プレミアムライン”と、よりスポーティな“GTライン”が用意される。インテリアや装備が異なる他、GTラインはルノー・スポールによるチューニングが施され、スプリングレートやダンパーの減衰力が高められている。価格はプレミアムラインが268万円、GTラインが275万円。

ルノー・メガーヌ

1件のコメント

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。