ホンダとヤマハが提携。驚愕の原チャリ改革!!

つい昨日、このブログに原チャリ改革!! なんてタイトルで、免許制度の改革を真面目に訴えた。そして今朝ビックリ仰天のニュースが舞い込んだ。ニュースでご覧になった方も多いかもしれない。日経の1面には「ヤマハ発、ホンダから調達。国内向け50cc二輪。競合2社提携」と、信じ難い文字が踊っていた。悪い冗談じゃないかと思った記事である。かつて国内市場を舞台にして、HY戦争と呼ばれた熾烈な販売競争を繰り広げたライバル2社だ。昨今、業務提携やM&Aなどで経営改革していくのは、重要かつ未来を見据えた事業展開に極めて有効だ。が、「まさかっ」な気持ちがぬぐえないままでいる。

img_3825午前中にこの招待状が届いた。緊急記者会見で、スケジュール変更を強いられながらも行く。また、バイクジャーナルの先輩と記者会見後に議論を交わすことにした。長時間の議論になることは必至で、予定もへったくれもあったもんじゃない(笑)。

後日、情報を精査しながら取材を進め、状況や僕の見解を述べていきたいと思っている。ともかく今日のところはここヘ行き、多くの関係者にできる限りの取材をする。

俺たちはバイクブーム世代だ。かつてのホンダファンやヤマハファンが多くいるだろう。もちろん現役もだ。2社を愛する者たちの感情はきっとこのニュースを割りきれまい。以前にスズキとカワサキが一部のバイクで提携を結んだときも同じく驚愕だったが、今回は薩長連合ほどのインパクトである。いざ、これより記者会見会場に参る。

4件のコメント

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*