つまみを作ろう。(3)

ただ、自宅に何人もの人間があがりこんで
キレイとは言えないキッチンで
あれやこれやと丸一日(で終わるかどうかわからない)
ロケをするのである。
そんなことに唯一の聖域たる自宅を使うことに
抵抗があったかなかったかはわからないが、
逡巡している編集長。

「今、ウチにネコがいるんだよ」
「はあ」
「それが全盲のネコでな、えらく凶暴なわけよ」
「はあ」
「ヘタするとかみつくからな」
「はあ」
「ウチでやるのはアイツが問題なんだ」

「そんな理由ですか!?」
そう思ったのは秘密である。
どこかの部屋や小屋で
おとなしくしていてもらえばいいのでは?
そう思っていたが、なにかそうできない理由が
あるのかもしれないので黙っていた。

結局、代案があるわけでもなく、
編集長宅でやることとなり、
編集長もしぶしぶ、といった体で承知したのであった。

◆副編集長:小笠原
北海道生まれの35歳。仕事以外にこれといった趣味はないが、最近会社でコーヒーを豆から淹れることを覚えた。よりおいしく淹れるため、試行錯誤するのがちょっとした楽しみの一つになっている。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*