【タメ年たちの大活躍!】霧島アートの森で会田誠展開催中!

会田誠, 霧島アートの森

 昭和40年生まれのアーティスト・会田 誠の作品展が鹿児島県の霧島アートの森で開催されている。題して「会田誠展 世界遺産への道!! 会いにいけるアーティストAMK48歳」

いや、「AMK48歳」って…という素朴な疑問はとりあえず置いておこう(ちなみに本人はお気に入りのご様子)。実は編集部でも彼のTwitterアカウントはフォローしていて、何やらワークショップでダンボールをいじっているらしいことは察知していたものの、それが何の目的なのかはわからずじまい。気になって調べてみたら作品展が開催中だったという次第だ。ちょっと意地悪でひねくれたところも実に会田らしいといえるだろう。

会田 誠といえば、94年に国際コンテンポラリーアートフェスティバルで出会った昭和40年生まれのアーティスト(小沢 剛、大岩オスカール、松蔭浩之)たちと『昭和40年会』というアーティストグループを結成したことで我々昭和40年男には馴染みのある存在だ。一昨年から昨年にかけて森美術館で開催された「会田誠展 天才でごめんなさい」で普段はほとんどアートに関心がないような世間一般からも注目を集め、社会問題ともいえる規模の論争を巻き起こしたのは記憶に新しい。結果的には総入場者数が49万人を超えるという大成功を収めただけでなく、日本における現代アートの分野において注目せざるを得ない存在にもなった。

今回の作品展では30メートルにも及ぶ壁面作品を会期中に公開制作するという。それがどうやら件のダンボールと繋がるらしいのだ。九州にお住まいの方や鹿児島を訪問予定の方はぜひ足を運んでみていただきたい。

<会場>

 鹿児島県霧島アートの森

<期間>

 2014年7月18日~9月23日

 ※月曜日休園(祝日の場合は翌日休園、9月22日は開園)

<公開制作>

 7月18日(金)~8月31日(日)9:00~17:00

 会期中会田誠氏が作品「MONUMENT FOR NOTHING Ⅱ」を公開制作。

<ワークショップ>

 「MONUMENT FOR NOTHING Ⅱ」制作体験

 第4回 8月23日(土)/第5回 8月30日(土) 10:00〜16:00

 各回5時間程度で参加費無料。定員各回20名(要事前申し込み/定員になり次第締め切り)

<アーティストトークセッション>

 8月24日(日)14:00~(要事前申し込み)

 会田誠と画家・山口晃のトークセッション

盛りだくさんの企画が用意されているので、詳しくはウェブサイトで確認していただきたい。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*