衰え著しい昭和40年男(悲)。

果たしてこの後ボールは前に飛んだか? 残念ながら後ろに転がったのだった
この後ボールは前に飛んだか? 残念ながら後ろに転がっていたのだった

自宅近くのディープタウン・蒲田をフラフラと歩いているとバッティングセンターを見つけた。「よーし、いっちょやったろう」と入ってみると、カップルや家族連れ、ストイックに1人で打ち込む方などなど、老若男女で大盛況だった。10以上あるブースはどれも待ち客が出ているが、回転はいいようなので僕も待つことにした。最高スピードは140㎞/hで5段階あり、僕はひとまず100㎞/hのブースに入った。

小学生の頃、近所にバッティングセンターがオープンしたときの興奮は今も忘れられない。最高120㎞/h出る。そんな球を同級生で投げられるヤツはいないうえ、ほぼすべてストライクゾーンに投げ込んでくれる。これはいい練習になるとクラスメイトと勇んで出かけた。ほとんど当たらなかったものの、ごく稀に前に飛ぶとそれは震えるほどの快感を味わったのだった。

あの頃、100㎞/hの球は楽勝ではじき返していた記憶からプレイを始めたが、これがまったく当たらず、ごくたまに当たっても前に飛ばない。球とバットに馴染んだらスピードを上げていこうと考えていたが、敗北感で最初の20球を終えた。「よーしもう1回」と2ゲーム目も同じブースに入ったがダメ。「最後にもう1回」と、結局60球を投げてもらってまともに前に飛んだのはホンの数球で、空振りが軽〜く半分は超えただろう。小学生のころの僕より下手になっていることを知り、まさかここまで衰えていたとは…と驚愕した。高校生の頃の自分に勝てないのなら仕方ないと諦められるが、小学生とはなんと情けないことよ。

最近剣道を習いたいと思い始めていたところだった。小中学生時代に警察で習い、その精神を叩き込まれたのは今も感謝していて、まだ体がしっかりと動くうちに再開しようと考えていた。休みが取れない職種だから現実的にかなり難しいのだが、そのうえこの体たらくとなるとますます道場が遠のいてしまう。100㎞/h程度の球に目がついていかないのだから、激しくくり出される竹刀になんかまったくついていけないだろう。道場に迷惑がかかってしまうだろうと思うと、やはり情けないばかりだ。

ひとまず素振りから始めようと思っている。道場に通っていた頃の練習用の木刀がいまだにあるから、朝のホンの10分でも積み上げれば効果はあるだろう。そして同じく、当時の木製バットも大切に持っている僕だ。竹刀より先にバットの素振りを初めて、バッティングセンターでリベンジを果たすのもいいかもしれない。100㎞/hをコンスタントに打てるようになって120㎞/hにチャレンジしたい。落ち込んではいるものの、まだ取り戻せる気がする。このバッティングセンターの120㎞/hマシンは、広島カープの前田投手が投げてくれる映像つきで、モチベーションをグーンと上げてくれる(笑)。

50歳を目前に、いろんなことが瀬戸際にあるような気がする。放っておけば衰えのスピードが増すばかりの俺たちだから、逆に考えれば今が努力のチャンスなのかもしれない。取り戻していける快感はきっと味わうことができるからだ…、と、今はそう信じている。たまたま遊びで入ったバッティングセンターが気付かせてくれた教訓としよう。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*