【S40News!】非ハイレゾ音源をハイレゾ化、ポータブルヘッドホンアンプ『SU-AX7』。

Print

JVCケンウッドは、ハイレゾ音源の再生に対応し、非ハイレゾ音源をハイレゾ化するポータブルヘッドホンアンプ『SU-AX7』を、5月下旬に発売する。

SU-AX7_03

このヘッドホンアンプは、今まで聴いていた非ハイレゾ音源を、同社の高音質化技術“New K2テクノロジー”で最大192kHz/24bitのハイレゾサウンドに変換することができるというもの。ヘッドホンとプレーヤーのポテンシャルを最大限に引き出し、よりマスター音源のクオリティに近づけてくれるという。

SU-AX7_05

内部回路では、デジタル部・アナログ部・電源部を明確に分離したレイアウトを採用。この分離によりノイズが少ないサウンドを実現しているという。D/Aコンバータには旭化成エレクトロニクスのAK4390を、ヘッドホンアンプにはテキサス・インスツルメンツのTPA6120をそれぞれ採用。空間表現能力が高く、緻密で滑らかな表現が特長とされている。

SU-AX7_02

本体外装には剛性の高いアルミを、内部には非磁性ステンレスを使用した高剛性シャーシを備えている。また、シャーシに固定した回路基板を浮かせて設置するフローティング構造により、外部からの振動を遮断しつつ、シャーシには振動を最適に調整して、豊かで自然な響きを生み出すfホールを備えている。


SU-AX7_06

最大出力は140mW + 140mW(16Ω 10%歪)、周波数特性は10Hz ~ 100kHz (LINE IN時)。前面に出力端子PHONES(φ3.5㎜ステレオミニ)、入力端子はiPod/iPhone/iPad用、DC IN(USB Audio入力/充電用)他、背面にOPTICAL IN(角型光)LINE IN(φ3.5㎜ステレオミニ)を備えている。

付属品はφ3.5mmステレオミニプラグ(L型)、マイクロUSBケーブル、Lightningケーブルなどが同梱される。バッテリーは内蔵リチウムイオンで、5~7時間の充電でアナログ接続時に約12.5時間、デジタル接続時に約5時間の使用目安となっている。サイズは75.2 × 25 × 140.2(mm)、重さは280g。価格はオープンプライスで、実勢予想価格は5万5,000円前後(税抜き)の見込みとなっている。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*