【タメ年たちの大活躍!】THE BOOM ニューシングル『星のラブレター』がリリース。

main昭和40年生まれのミュージシャン・宮沢和史がフロントマンを務めるバンド・THE BOOMが5月21日にニューシングル『星のラブレター』をリリースする。

宮沢は1986年にバンド・THE BOOMを結成し、89年にアルバム『A Peacetime Boom』でメジャーデビュー。メンバーは小林孝至(Gt)、山川浩正(Ba)、栃木孝夫(Dr)の3人で、小林と山川は高校の同級生、つまり同じく昭和40年男だ。THE BOOMはデビュー年には日本武道館で公演するなどすぐに人気を集め、93年には『島唄』が150枚を超えるセールスを記録する。長く結成時のメンバーのまま活動を続けてきたが、デビュー25周年を機に今年12月をもって解散することを発表している。

そのTHE BOOMが25周年記念シングルとして発売する『星のラブレター』は、89年5月にデビューアルバム『A Peacetime Boom』に収録され、同年9月には2ndシングルとして発表された彼らの代表曲の一つ。新たにレコーディングし直すというから、彼らの25年間での変化が見える曲になるかもしれない。

今後は9月の神戸を皮切りに全国ツアーを開催予定で、ファイナルは12月17日の東京・日本武道館とのこと。ファンに惜しまれるなかでの解散とあって全国ツアーも盛り上がること必至だろう。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*