大編集後記その参。特集のスタートは欽ちゃん走り!!

発売が明後日に迫ってきた。何度迎えても慣れないもので、不思議な緊張感でその日が来るのを待ち、当日は書店で我が子を見るように眺める。さて今号はどんな戦いをしてくれることやら。

今回の特集はインタビューと、かつて俺たちを夢中にさせた番組のシーンの写真で埋められることになる。ビジュアル的なバリエーションが狭く、デザインの変化に乏しくなる。たとえば前々号の特集『夢のモーターショー』なんかは、取り上げたネタで自然と変化がついている。スーパーカーのページでは実車の撮影と『サーキットの狼』のマンガからのシーンを使い、これだけで視覚的には大きなバリエーションとなる。西部警察のスーパーZでは、大門部長刑事がライフルを構えたカットが調達できて、これも強くアピールしてくれて変化がつくじゃないか。実車、マンガ、インタビュー、ドラマや映画の場面写真と、変化だらけのビジュアルで特集を構成できる。比べると今回はグーンと少ない要素で作らなければならない。

当初から、特集のご挨拶となるトビラページは欽ちゃん走りで作ろうと考えていたが、実際の写真で作るとそれでなくても変化に乏しいところで、他のページとの差異がなくなってしまう。そこで思いついたのがこのアイデアだ。カメラマンの松田に、本文で使った欽ちゃん走り以外にも撮影したバリエーションカットをもらい、デザイナーにはいろんな欽ちゃん走りをシルエットにして、色をたくさん使って賑々しいビジュアルを作ってほしいと伝えた。そしてあがってきてものをキャッチボールしながら、最終的にこの2パターンが完成したのだ。

25トビラ001

25トビラ002

これに文字要素を入れ込んで最終はどちらを使って仕上げたか? この素晴らしいビジュアルをどう使ったのか? 明後日の書店で確認していただきたい。ふっふっふ。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*