欽ちゃんの名前は大問題!?

毎度のことながら、今回も実にたくさんの表紙を作った。いつも軽〜く20以上は組む。写真の大きさを変えると、まったく違うパターンが見えてくるのだ。たとえば欽ちゃんを小さくして右に寄せると、左に白いスペースが大きく取れる。この空間にキャッチコピーと萩本欽一だけを組み合わせて配置した、ホワイトスペース重視タイプのパターンをいくつもトライした。キャッチコピーさえ取って、萩本欽一の文字だけでトライしたり。好みだけでいえば、スペースを大きく取ったものなのだが、好みには危険が隣り合わせだといつも意識して、そこには走らないように気をつけて俯瞰するような気持ちで作る。書店の棚で同世代の方々にどう伝わるのか? 欽ちゃんで特集を組んだことと、読者となっていただくみなさんとの出会いの瞬間には、どんな気持ちが生じるのか? そんなことをうだうだと考えながら、デザインに落とし込んでいく作業はかなりの時間を要する。こうして出来上がったものからは想像はつきにくいだろうなあ。

今回とくに苦しかったのは、萩本欽一という文字のバランスがよくないこと。最後の一文字が“一”であることがものすごくツライ。萩本欽さんだったらどんなにラクだろうと、恨んだほどだ(笑)。ならばとこうして崩したのである。おおっ、これはおもしろい。ちょっとタブーの領域にも感じるが、そんなものにとらわれる僕じゃない。どんどん固まっていき、最後はコイツとどちらにするかで悩んだ。この違い、わかります?

萩本欽一

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*