【タメ年たちの大活躍!】早川いくをの新刊が好評発売中。

早川いくを著『ウツ妻さん』(亜紀書房)/1,365円
早川いくを著『ウツ妻さん』(亜紀書房)/1,365円

昭和40年生まれの作家・早川いくを新刊『ウツ妻さん』(亜紀書房)が発売された。

早川は多摩美術大学ギフィックデザイン科を卒業後、広告制作会社、出版社勤務を経て独立。2004年に出版した、実在の生き物だが奇想天外な生き物を集めた『へんないきもの』がベストセラーとなり、翌年『またまたへんないきもの』も人気を集め本格的に作家活動へ入った。近著に『取るに足らない事件』(バジリコ)、『へんないきもの三千里』(バジリコ)、『カッコいいほとけ』(幻冬舎)などがある。

その早川の新刊『ウツ妻さん』は、早川の奥さんが鬱病になり、奥さんを支えてきた3年間を綴っている。家事と仕事を一手に引き受け、奥さんとともに病気と向き合う早川の姿には、病気を抱える家族を支えることの大変さを痛感してしまう。だが、そこは『へんないきもの』の早川だけあって、“イイ話”に始終しない。奥さんの苦痛を癒すためのアイテムが“昭和の特撮ヒーロー”であったことを綴った章は、思わず笑みがこぼれてしまう。ふたりで一緒に特撮ヒーローを観ることで、奥さんの症状は少しずつ、回復へと向かっていったそうだ。タメ年が書いた話題の著書。興味のある人は手にとってみては。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

       

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。