【S40News!】タイガーマスクが実写映画化。

タイガーマスク
(C)2013「タイガーマスク」製作委員会

梶原一騎原作、辻なおき作画の漫画・アニメ作品『タイガーマスク』が映画化され、11月9日(土)より全国の映画館で公開される。

 

タイガーマスクを知らない昭和40年男はいないだろう。漫画は『ぼくら』に1968年から連載され、69年には日本テレビ系列でアニメ化。そして81年には続編として『タイガーマスク二世』も放映されている。ダークヒーローでありながら、虎の穴との孤独な闘いのなかで葛藤する伊達直人の姿は、昭和40年男たちの心に焼き付いているはずだ。また、佐山サトルによるレスラーとしてのタイガーマスクも強烈な印象を残した。

そんな伝説のヒーロー初の実写映画化として話題を集めている映画『タイガーマスク』で主人公の伊達直人に挑むのは、親しみやすいキャラクターで世代を超えて愛されているウエンツ瑛士。壮絶な死闘に挑む孤高の戦士を熱演している。また、ヒロイン・若月ルリ子にはウメッシュのCMにも出演している夏菜、そして虎の穴の幹部・ミスターXは哀川 翔が演じる。特に哀川は熱烈なタイガーマスクファンのようなので、どのような演技を見せるか注目が集まる。メガホンをとったのは、全米監督協会審査員特別賞を受賞した新鋭監督の落合 賢。本作が長編初作品となる落合は独特なカメラワークにより、壮麗な映像美を作り上げているという。

タイガーマスク
(C)2013「タイガーマスク」製作委員会

ストーリーはこうだ。特殊なマスクにより“タイガーマスク”となって、多額のブラックマネーが飛び交う闘技場の試合に出場する伊達直人。非情な敵に、信頼する友の命、心の拠りどころだった居場所も奪われ、激しい憎悪とともに、自らの信念を貫こうと決意する…。愛する者、守りたい子供らのために、孤独に闘う男の“真の強さ”とはなにかを描くスペクタクルエンターテインメントに仕上がっているというから楽しみだ。

我々が知るタイガーマスクとのストーリーの相違など、気になる見どころがたくさん。ぜひ映画館へ足を運んでみては。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*