【タメ年たちの大活躍!】黒田崇矢が『龍が如く』最新作で声優を務める。

龍が如く.com | セガ公式ポータルサイト (20130911)昭和40年生まれの声優・黒田崇矢(くろだたかや)が、セガの人気ゲーム『龍が如く 維新!』で声優を務めることが決まった。

『龍が如く』は、本誌vol.6に登場してくれた昭和40年男のゲームクリエイター・名越稔洋(なごし としひろ)によって生み出された大ヒットゲームで、2005年に発売して以降シリーズ化され、新作がリリースされるたびに大変な反響を呼んでいる。

そして来年2月22日に最新作『龍が如く 維新』の発売が決まり、幕末を舞台とした動乱の日本を背景に、シリーズのさまざまなキャラクターが活躍する内容となるようだ。

その最新作『龍が如く 維新』で、主人公である土佐藩出身の坂本龍馬役、新撰組三番隊長・斎藤 一の二役を、昭和40年生まれの声優・黒田崇矢が務めることとなった。

黒田は映画『どら平太』をはじめとする作品で俳優として活動した後に、声優に転身し、『龍が如く』シリーズでこれまで主人公の声を務めてきた。その他、声優としてアニメ『リングにかけろ1 世界大会編』(ドン・ジュリアーノ役)、『NARUTO-ナルト-疾風伝』(金角役)、『魁!!クロマティ高校』(マスクド竹之内役)、ゲーム『戦国無双シリーズ』(服部半蔵役)、『バトルフィールド3』(ヘンリー・ブラックバーン役)、映画『名探偵コナン 紺碧の棺』(田山資悦役)、『宋家の三姉妹』(張将軍)、特撮『仮面ライダー電王』(アルビノレオイマジン役)、『仮面ライダーディケイド』(ドッガ役)など多数ある。

同作で黒田がこの二役を演じるのにはどうやらわけがあるようで、ゲーム本編では、坂本龍馬が吉田東洋の殺害犯を追うために、自身の名を捨て、京に潜伏し、斉藤 一を名乗って執念の調査を行なう…という大胆な設定で物語が描かれているようだ。発売は来年2月22日。龍が如くファンの間でも期待が高まっている。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*