立川談慶さんがやって来た!!

前号の誌面に掲載した談慶さんのインタビューだ。
前号の誌面に掲載した談慶さんのインタビューだ。

昨日は立川談慶さん(2号の特集で取り上げている)が編集部に来てくれた。
最近ものすごく忙しそうで、現在ブレイク中といった談慶さんは
まさにタメ年のスゴイやつである。
打ち合わせたのは、次号から1ページものの連載を持ってもらおうというもので、
きっとおもしろいモノになるから乞うご期待だよ。
彼も昭和40年に生まれ、育ったことに
誇りというか自信を持っていて、話をしていてホントに楽しい。
とにかくお互いの持っているものを惜しまず出し合いましょう、
まわりを巻き込んでいくようなパワーを全開でがんばりましょうと、そんな話に終始した。

前号が手に入らなかった人のためにちょっと説明すると、
慶応大学卒業後ワコールに入社して3年を経てからこの道に入った。
俺たち世代には多大なる影響を受けた立川談志の門を叩いたのだ。
以来、なんと9年半におよぶ前座時代を経て、現在は真打ちとしてがんばっている。

たぶん不器用な人だ。
俺もなにをやるにも人より時間がかかるのでよくわかる。
でも、時間がかかった分だけ修得したときは大きな力というか、厚さが出てくると信じている。
だから無駄だと思えるような地道な修練も頑張ることができる。
お付き合いは、たまたま本を見かけた彼の方からコンタクトを取ってきてくれて、現在にいたる。
落語家であるから、楽しいこと、可笑しいことが大好きな彼と話しているのは実に心地よい。
昨日は短いながらそんな充実した時間を過ごし、またまた元気になった俺なのさ。

こんな風にどんどん昭和40年男たちでつながっていって、
閉塞感のある社会を元気にしていきたい。
これも「昭和40年男」を立ち上げた大きな要因で、
それをまさに実践してくれている談慶さんの存在は大変うれしい。
みなさんもこのコミュニティに気軽にエントリーしてください。
待っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*