【S40News!】磁性流体採用のBluetoothスピーカー『SONY SRS-BTX300/500』

SONY SRS-BTX500
『SRS-BTX500』
SONY SRS-BTX300
『SRS-BTX300』ホワイト

ソニーは、高音質で携帯性の高いBluetooth対応のアンプ内蔵ワイヤレススピーカー“Xシリーズ”2機種を2月21日に発売する。

SONY SRS-BTX300
『SRS-BTX300』の内部構造

下位モデルに当たり、より小型な『SRS-BTX300』は、サブウーファーユニットの低域エネルギーを効果的に共振させる新規開発のパッシブラジエーターや、高剛性繊維強化樹脂を採用したフロントキャビネットにより、薄型ながらキレのよい存在感のある低域を再現。また、Bluetoothによるワイヤレスでの音楽再生に加え、NFC(Near Field Communication)によるワンタッチリスニング機能にも対応。対応スマートフォンなどをかざせば、設定(ペアリング)を意識することなく簡単に接続でき、音楽や通話が可能となる。また、リチウムイオン内蔵充電池を搭載しており、最大約8時間の長時間連続再生も実現した。

SONY SRS-BTX500
『SRS-BTX500』の磁性流体採用スピーカーユニット

さらに、やや大型で上位機種に位置付けられる『SRS-BTX500』は、サテライトスピーカーに高感度化や薄型化などを実現する独自の磁性流体サスペンション構造を採用。これにより反応速度が向上し、中高音域の再現性を高めている。そして低域の再現性を高めるため、新規開発のサブウーファーユニットに高磁力ネオジウムマグネットと、低域特性を向上させる形状のセンターキャップを使用。電源回路にも音質用電解コンデンサーを使用するなど、薄型のポータブルタイプでありながら、より高音質を追求したモデルに仕上がっているという。

カラーは『SRS-BTX500』がブラックのみ、『SRS-BTX300』がブラック、ホワイトの2色をラインナップ予定で、実勢予想価格は3万円/2万円前後。


SONY SRS-BTX300/500

   

『昭和40年男』定期購読のご案内

1件の トラックバック / ピンバック

  1. ぱふぅ家のサイバー小物

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。