デジとの遭遇 STAGE 01 ソーラーパネル搭載の刑務所脱走ゲーム『バンダイ/大脱走』

デジとの遭遇

電子ゲームの進化の歴史を実物大のマシンとともに検証する本企画。今回登場するのは、ソーラーパネルを搭載して画期的だった「大脱走」だ。
 

思わず熱くなる!? ハラハラドキドキの大脱走劇

バンダイ LCDソーラーパワー「大脱走」

発売:1982年 当時価格:5,400円 電池:不要

囚人を左右に操作し、牢からの脱走と塀の外の仲間のクルマにたどりつく2種類のゲームが遊べる。塀の外で銃弾に当たったり、警察犬に噛まれたりしてもミスにはならず、再び牢の中へ…。仲間のクルマで逃亡に成功すると牢に戻り以降はループ。操作系は本体左側にオールクリア(初期化)、2段階の難易度切り替え、サウンドON/OFF切り替えスイッチ、下部に左右の移動ボタンを搭載。移動ボタンはスタートボタンの役割も兼ねる

BANDAI LCD SOLAR POWER 大脱走(’82)

BANDAI LCD SOLAR POWER 大脱走 ゲーム画面
牢の中。鉄格子下に移動し、Lキーを10回押すとノコギリで鉄格子を1本切れ、3本切れば脱走。看守が入ってきたらベッドでやり過ごすが、ベッドに待機できるのは20秒間まで
BANDAI LCD SOLAR POWER 大脱走 ゲーム画面
牢から脱走すると画面が刑務所の外に切り替わる。警察犬を避けるごとに得点が加算されるので、ひたすら避け続けながら得点を重ね、仲間が救出に来るのを待つ

ハンディな電子ゲームの登場は1978年頃のこと。当初はLEDやFL(蛍光表示管)を使った卓上タイプのゲーム機が主流だったが、80年代に入ると任天堂の「ゲーム&ウオッチ」を筆頭にLCD(液晶)搭載の電子ゲームが登場し、昭和50年男が小学1年生だった82年に一大ブームを巻き起こした。

この年の玩具の主役は専ら電子ゲームで、誕生日やクリスマスプレゼントにオモチャ屋で買ってもらった人も多いだろう。ゲームセンターに通うにはまだ早く、友達の家にも手軽に持って行ける電子ゲームこそがオレたちにとって最初のデジタルゲーム体験だった。そんな電子ゲームのなかで真っ先に紹介したいのが、ソーラーパネルの搭載と1画面で2ゲーム構成が秀逸だったLCDゲーム『大脱走』だ。

これはバンダイが展開したソーラーパネル搭載の「LCDソーラーパワー」シリーズのひとつで、電池なしで遊べるのが特長。子供にとって毎日何時間も遊ぶ電子ゲームの電池代はバカにならず、当時は友達とのプレイ時に電池が切れるなんてこともザラだった。電池の消耗を気にせず遊べるのは大きなアドバンテージだし、何よりソーラーパネルには未来が感じられた。

もうひとつの特長が、1画面で異なる2つのシーンを遊べる点。ゲーム内容は、囚人を操作して警官に捕まらないように刑務所を脱走するというもの。牢の中からスタートし、見回りに来る看守に見つからないように隠し持っていたノコギリで鉄格子を切り落としていく。看守は連続してドアを開けるフェイントをかけてくるので、スリル満点。看守がドアを開けた時はベッドに移動し、水着のポスターを見てやりすごすという演出もニクい。牢を抜け出すと画面が刑務所の外に変わり、警官の銃撃や警察犬の襲撃をかわしながら、逃亡を助ける仲間のクルマの登場を待つ。妨害をかわして無事にクルマに逃げ込むと、ボーナス点が加算される。

刑務所の内と外という異なるシーンのゲームが遊べるのは、背景絵を巧みに流用しているから。基本的にはキャラクターを重ねて表示できない1枚の液晶画面でありながら、キャラの配置を工夫することで重層的なゲーム性を実現しているのだ。残念ながら、筆者は子供の頃にこのゲームを持っていなかったが、友達に親指が攣つるほど遊ばせてもらった。その分、思い入れの強さはひとしおである。当時のハイテク技術とアイデアに富んだ画面構成というモノとしての魅力、それにゲームの内容と中毒性は保証する。機会があればぜひとも遊んでほしい。

BANDAI LCD SOLAR POWER 大脱走 パッケージ
パッケージはシルバーと青を基調に、シリーズで統一されたデザインを採用。勢いある「大脱走」のタイトルロゴが必死に逃げる囚人を連想させる。ソーラーパネルが男の子にはカッコよく見えた
BANDAI LCD SOLAR POWER 大脱走(’82)

BANDAI LCD SOLAR POWER 大脱走 たたんだ状態

ゲーム&ウオッチ マルチスクリーンシリーズ(任天堂)のように、本体は折りたたみ式。太陽電池は、十分な光量がないと画面の表示は鮮明にならない
BANDAI LCD SOLAR POWER シリーズ パンフレット
トイショーなどで配られたバンダイのパンフレット(1982年)。地紋の銀のラインがサイバーで、SFチック! 下段にはゲームのウォーミングアップにぴったりなパズルを掲載

すべて電池不要! バンダイ「LCDソーラーパワー」シリーズ

同型機は「大脱走」も含む全6種類。いずれも背景絵などを巧みに流用して2つのシーンを遊ぶことができる。操作は左右のボタンのみといたってシンプル。

謎の沈没船(’82)

BANDAI LCD SOLAR POWER 謎の沈没船(’82)
最初の海中ではダイバーを左右に操作し、サメの攻撃を避けながら水中銃で撃退。沈没船内に入ったら、ウツボやガイコツの攻撃を避けながら宝を取り、海上に浮かぶ母船に持ち帰る。サメに3回やられるとゲームオーバー

恐怖の無人島(’82)

BANDAI LCD SOLAR POWER 恐怖の無人島(’82)
飛行機の墜落で海に投げ出された避難者を操作し、サメの襲撃を避けながら無人島まで泳ぐ。無人島では、ヤシの木から落ちる実を避けながら、島の周囲のサメを攻撃。流れる丸太に乗って救助船にたどり着くのが目的

謎のピラミッド(’82)

BANDAI LCD SOLAR POWER 謎のピラミッド(’82)
ピラミッドの外で探検隊を左右に操作し、襲いかかるサソリやコブラからラクダを守る。ピラミッドの入口が開いたら中に入り、ミイラやクモの攻撃を避けながら財宝を袋に詰めていく。仲間に財宝を渡せばボーナス点が加算

激戦Uボート(’82)

BANDAI LCD SOLAR POWER 激戦Uボート(’82)
初めに船員を左右に移動させ、艦内4ヵ所の穴をふさいで水もれを防ぐ。海中に入ったら、海上の駆逐艦からの爆雷を避けながらミサイルで攻撃。水もれを防ぐのを、3回ミスるとゲームオーバーとなる

天国と地獄(’82)

BANDAI LCD SOLAR POWER 天国と地獄(’82)
地獄では鬼の攻撃やコウモリを避けながら、ロープを登り天国へ。天国では神様が落とす羽根を受け取ると得点となり、高得点を取ると神様からリングを与えられて天使になってボーナス点が入る。これだけ本体が小さい

より複雑な操作にも対応した大型機

折りたたみ時:85×124(mm)/オープン時:165×124(mm)

悪霊の館(’82)

BANDAI LCD SOLAR POWER 悪霊の館(’82)
LCDソーラーパワーシリーズにダブルパネルを搭載したモデル。墓場と館の中それぞれにいる悪霊を退治するという全く違うタイプのゲームを、液晶2枚を重ねることで実現。シリーズ中最も売れたタイトルで、同型の機種は4種類ある

 
『昭和50年男』2021年 11月号/vol.13 掲載】
文・コレクション提供: 山崎 功  撮影: 小林岳夫

山崎 功 / 昭和51年 3月生まれ、神奈川県出身。任天堂研究家として同社の製品収集・保管を行う「任天堂アーカイブプロジェクト」を運営。『懐かしの電子ゲーム大博覧会』などの著書あり。NPO法人「ゲーム保存協会」にて電子ゲームのアーカイブ活動中。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*