吉野家…らしくない!?

最近吉野家がと距離を置いている気がする。店舗デザインがちょっと似つかわしくなくかっこよくなり、さらには僕が大嫌いなタッチパネルを採用した。だがおそらく、これでなかったら僕と黒カレーの出会いはなかった気がする。牛丼並・汁だく・卵からまず浮気をしない僕なのだが、“黒カレー” という言葉と牛も食えるならとオーダーした。この日、もしもお姉さんが来ればきっと「牛丼並汁だく卵」とニヒルに決めていただろう。

 

待つこと少々、牛丼とカレーの夢のコラボだ。うんうん、うまそーである。牛はもちろん安定感抜群で、まずはそちらを平らげた。一緒に食うなんてそんな贅沢が、庶民の僕にできるはずがない。そして黒カレーである。僕は常々 “キレンジャー” を名乗っていて、そういう意味ではこれはカレーではない。“キ” でないのだから。それでも天下の吉野家の本気カレーである。ワクワクドキドキしながら一口運んでみた。??? さらに一口運んでみた。「うーむ、うまいのだけどちょっと違うなあ」と心がつぶやいた。「なんでだろう、何がいけないのだろう」と考えながらスプーンを運び続けた僕だ。

 

吉野家といえば現在ちょっとした騒動になっている。「田舎から出てきた若い女の子を牛丼中毒にする」「生娘をシャブ漬け戦略」とはなんとも凄まじい。問題発言が得意の僕も、さすがにここまで破壊力のある発言はしたことがない。さらに謝罪文を本人が書いたなんて報道も散見されるじゃないか。いやあ、こりゃあまいったな、長年吉野家を愛し続けてきた僕としては残念でならない。

 

黒カレーを食べ終えて僕なりの結論を導き出した。「らしくない」である。牛丼のようなど真ん中ストレートでぶつけてきて欲しいと思ってしまうほど、どことなく上品なのだ。店舗のデザインがかっこよくなったことや、タッチパネルの採用とちょっとかぶる。そんな味に感じた。上記の発言以前に食したのだが、しゃぶ漬けにするほどのパワーはまったく感じられなかった。その意味でもやはりこの発言は大問題だよ、チャンチャン。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*