あの激動の年へワープ!『1978年の世界』展が 1/23 (日) に調布でスポット開催! 主催するタメ年・マクラウド氏のリアルな ’78年感は?

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。
 
こちらのニュースでも度々お伝えしてきました、ズバリ1965年生まれのタメ年男・マクラウドさんが主催する『1978年の世界』
 
’70年代から ’80年代へという大きな時代の転換点となった “1980年” をフィーチャーして2020年末に開催された『MINI GALLERY 1980年の世界』に続き、『スター・ウォーズ』『さらば宇宙戦艦ヤマト』などの大ヒットで、アニメ・特撮を中心としたオタク系フィールドではより存在感のある年だった “1978年” をテーマに、当時の資料を集めた展示イベントです。

▲2022年 12月24日 (金) ~ 26日 (日) に原宿で開催された『あの頃GALLERY 1978年の世界』の会場風景

 
まずは、2021年10月3日 (日) 、浜松町での「ワンダホー即売会」内のミニ展示コーナーとして開催。そしてひと月前のクリスマス、12月24日 (金) ~ 26日 (日) にはより本格的に、原宿の「ギャラリーさくら」で『あの頃GALLERY 1978年の世界』として開催されました。
 
そして今回また、“スポット開催バージョン” ということで、明日 2022年1月23日 (土) に1日限りの「ギャラリー・シネマクラウド 1978年の世界」が行われるとのこと。会場は、京王線 調布駅近くの「Barry’s (バーリーズ) 」で、入場は無料。
 
11時〜15時の短時間で、展示物もクリスマスの7割程度での開催だそうですが、’78年当時の貴重な資料を一堂に集め、雑誌類などは自由に手に取って閲覧可能、という夢のようなタイムスリップ空間がまたも出現!というワケで、お近くの方はゼヒ行ってみてほしいところ。
 
また、クリスマスの開催時にはパンフレット『1978年の世界』が発売となりましたが、今回の調布での展示に合わせて、新たに同年の広告をピックアップして紹介する『1978年の広告』もリリース。こちらも楽しみですね~。

 
さらに、これまでの会場でも ’78年 (近辺) しばり音源でのDJプレイをBGMとして楽しめたのですが、今回は、当ニュースでもその仕事を度々紹介しているこれまたタメ年男・高島幹雄氏もDJとして参加するとか! 特撮関連のCDボックスセットなど、数々の復刻音源企画を手がけてマニアを歓喜させてきた高島氏だけに、シビレるレア音源、秘蔵音源も飛び出すかも…!?


…といったワケで、直前のお知らせとなり恐縮ですが、行ける方はゼヒぜひ! その他の詳細は、この後の引用パート&マクラウドさんのWebページでチェックしてみてくださいね~。
 

最後に、マクラウドさんに今回展開している『1978年の世界』についての所感をお話いただきました。昭和40年生まれのタメ年おたく少年だったマクラウド氏のリアルな ’78年感覚… 共感する読者諸兄も多いのでは? ということで、こちらも読んでみてください!

 

■ズバリ昭和40年男のマクラウド氏が語る、愛おしき『1978年の世界』…。

 
▲主催のマクラウドさん、こと白石知聖氏。展示用に購入したコカ・コーラ『スター・ウォーズ』王冠キャンペーンの一式で欠けていた最後の一つを提供してくれた方がいたそうで、写真はそのラストピースをハメ込み、コンプリート!となる瞬間

先にやった『1980年の世界』に比べると、お客さんの食いつきやリアクションは今回の『1978年の世界』の方が全然いいんですよね。’80年は、『1980年の機動戦士』という本を作った時に資料がそろって、その流れで “この年って意外と面白かったんじゃないの?” という感じでやってみたんですけど、自分の中でも、’78年の方が大切な年という気持ちはあって。
 
この年の『スター・ウォーズ』のヒットはやっぱり大きいと思うんですけど、僕は結局 (リアルタイムでは) 観なかったんですよね。’77年に予告的に出た情報で超盛り上がって、これはスゴいものが来る!ってなったんだけど、1年待たされたんで… そのうち、リバイバルのウルトラマンの方に夢中になっちゃって。それで当時中一にしておたくの道に目覚めた感じですかね (笑) 。

自分としては、’78年で一番大きかったのはやっぱり『さらば宇宙戦艦ヤマト』でしたね。このイベントで展示しているLPレコードとかは当時買ったものですから。それで、松本零士のコミックとか、その辺に一番気持ちが行ってました。『ヤマト』はその前から盛り上がってましたけど、まさにこの年がクライマックスでしたよね。

▲原宿展の『さらば宇宙戦艦ヤマト』コーナー。ヤマトに限らず松本零士ブームとなり、関連アニメが続々放送
▲’78年はウルトラマンシリーズの新作が途絶えていたが、リバイバルで各種ムックが発売。第三次ウルトラブームに

’78年の展示をやってみて一番強く感じたのは、とにかく『ロマンアルバム』(徳間書店) と『ファンタスティック・コレクション』(朝日ソノラマ) 、それに『アニメージュ』(徳間書店) の創刊もあって… もうドンズバでおたく向けの… 当時 “おたく” って言葉もまだなかったですけど、そういう、おたくしか買わないようなものがもうこれだけ目に見える形で揃っていたんだなぁ、ということです。
 
今回揃えてみて驚いたんですが、徳間書店からは、『アニメージュ』と『ロマンアルバム』を毎月の他、松本零士、竹宮恵子、萩尾望都、大島弓子、永井 豪、石ノ森章太郎のムックも並行して出ていたんですよね。
 
前年の ’77年からアニメ誌は出てきていて、こういう芽はあったんですけど、’78年からは堰を切ったように世界が広がった気がします。 

▲同じく原宿での『あの頃GALLERY 1978年の世界』より。『アニメージュ』や『ロマンアルバム』などの展示コーナー

 
この年に、こんなものが一気に出てきたっていう、その景色がおもしろいんですよね。個人的には、展示している一つひとつのものには、実はもうそれほど思い入れがなくて、あの頃の “いい想い出” という感じなんですけど。ただ、この勢揃いした景色がめちゃくちゃ愛おしいんですよ。
 
当時はとにかくお金がなくて観に行けない、買えない、ばっかりで、うらましいと指をくわえていたものばかりですから。それがこれだけ揃うと、やっぱり「あぁ、いい時代だったよなぁ…」って。“昭和40年男” としては、この時代に中学生であったことが、ひょっとしたらアドバンテージだったかもしれないですね。
 
自分の中では ’80年という年がギリギリOKというか、際どい面白さがあるんです。’81年からはまた全然別世界になっていきますからね。ガンダムにはハマったけど、ガンプラブームが起きて、当時小学生だった子たちがモビルスーツの細かいこと言い出すと、その辺からついていけなくなっちゃいました (笑) 。
 
ただ今回この企画をやっていて、’84年にこだわっている同年代も意外と多くて。また、’81年あたりで変わった先の、さらなる変革期ということですかね。マクロス の『愛・おぼえていますか』とか、“84ゴジラ” とか、チェッカーズのブレイクとか…。個人的には、上京してきた年で自分のことに忙しくて、あんまりよく覚えてないんですけど。

でも確かに、その翌年の ’85年になると『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とか、おニャン子クラブとかもドバッと出てきて、また新しい景色になっていくのが面白い。次はその辺りの年の展示を、今度は自分たちだけでなく下の世代に向けてやってみてもいいのかな、なんて思ってます。ただ、またモノを揃えるのが大変なんですけどね (笑) 。

(「昭和トリオ」 “Web担当A”)
 
 
 
[以下、マクラウド  ブログより ※1/17付]

 
1/23(日) ギャラリー・シネマクラウド「1978年の世界」スポット開催

2021年12月24に開催した「あの頃ギャラリー 1978年の世界」。
そのスポット開催バージョンとして、2022年1月23日に1日だけ、ギャラリー展示を行います。
 
会場 Barry’s バーリーズ
   京王線 調布駅前、徒歩1分
時間 11:00〜15:30
 
入場無料
※ギャラリー時間中の飲食物の提供はありません
 
 
短時間で1日開催となりますが、今後もこのような形でスポット開催を行っていければと考えております。
昨年展示したものの7割程度の展示物となりますが、1978年という非常に面白い年の雰囲気を、ひとりでも多くの方に体感し、懐かしんでいただければと思います。
 
 
会場は京王線、調布駅前のイタリア料理店「Barry’s」(バーリーズ)。
展示は15:30頃終了し、18:00よりはディナー営業がスタートします。そちらも是非ご利用ください。
魚介類とワインがウリの駅近で美味しいお店です。
 
Barry’s HP  https://chofu-barrys.com
東京都調布市布田1-50-1 マートルコート調布 1F
 
 
またこの開催に併せて、新刊「1978年の広告」を販売開始いたします。
こちらは昨年好評となった「1980年の広告」に続く第二弾。当時のユニークな広告の中からこれはというものをピックして紹介する A4  40P の小冊子です。通販も同時スタートいたします。
宜しくお願いします。
 
では、新型コロナ第6波の最中での開催となりましたが、換気に注意を払いつつ慎重に開催いたします。
ご来場の際は、マスク着用、お名前と連絡先のご記帳、検温に御協力ください。
 
 

 


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*