松田優作になりたい。〜ワルという生き方〜

探偵物語3 探偵物語5

『探偵物語』に出てきた松田優作は
何もかもがかっこよかった。
ジーパンとはまったく異なり、ちょっぴり抜けたところがあるキャラだったが、
なぜか俺には同じかっこよさが感じられた。
ベスパというバイクを知った。
キャメルというタバコを知った。
その他もろもろ、松田優作らしいモノがあふれていた。

昭和40年男たちは、100円ライターの火を競い合うように全開にしたことだろう。
SHOGUNの『バッドシティ』がオープニング曲だったことも、
ちょっと抜けたキャラをピリリとしめるのに大きく貢献している。
SHOGUN

そしてあの衝撃の最終回。
流れたダウンタウンブキウギバンドの『身も心も』が
最高の演出をしていたっけ。
ダウンタウンブギウギバンド

『探偵物語』は昭和54年にスタートした番組なので、
俺たちが中学2年生のころだ。
不良とかもちろんツッパリじゃなく、
ワルという生き方を初めて感じさせたクドーチャンから、
多くのことを教わった気がする俺なのさ。
(まったく違う人種ながらね)
俺たちのメロディー

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*