神帰月、11月に突入。

11月じゃ。出雲に集結してどんちゃん騒ぎを楽しんでいた (!?) 神様たちが地元に戻ることから、神帰月と呼ばれる。霜が降るから霜月とか雪待月なんて呼び方もあるそうで、こうした和風月名という呼び方は、命名が旧暦でのことなんで1ヶ月くらい後がイメージである。まっ、季節を少し先取りする感覚でよろしいのかなと、月替わりの度にフムフムと楽しんでいる。

 

他方、我が街・浜松町のアイドル、小便小僧も季節を表現してくれることが多く、つい先日ハロウィーンからこの衣装に衣替えした。東京消防庁によると、今月9日から15日までが火災予防運動期間だとのこと。昨日は電車に火を放つなんて衝撃的な事件が起きてしまったが、火にはくれぐれも気をつけたい。ちなみに予防運動ポスターに起用されているのは佐藤隆太さんでなかなかかっこよいので、ファンの方はこちらをご覧あれ。動画メッセージ付きだぞ。

 

昨日も騒いだが『昭和40年男』の今年ラストの12月号も無事にもうすぐ印刷所に託すので、明日には機械が回ることだろう。売れるといいなあ、70号!!  この後はカワイイ妹の『昭和45年女・1970年女』が今月末に、師走には総集編が続き、年末進行となる1月発売の『昭和40年男』の締め切り作業で今年を打ち上げることになる。なんだか圧倒的なスピードでお正月を迎えることになりそうだ。振り回されないようにしっかりと噛み締めながら作業にあたろう。

 

おせちやクリスマスケーキの予約開始など、昨今は前述した和風月名よりもなお先取りな気がする。まっ、これも悪い気はしない。スーパーで見かけるおせち予約のポスターを見て、ニタニタしているおっさんである。そのお正月の楽しみの中でも大きなウェイトを占める箱根駅伝へと続く全日本駅伝が、いよいよ今週末である。3大駅伝の初戦の出雲を獲った東京国際が3大駅伝制覇というのはどうやら難しそうな、駅伝戦国時代である。今週末はどんなレースを見せてくれるだろう…って、仕事が入っていて見られないがともかく結果が楽しみである。今年の箱根は本命駒沢、対抗青学、次いで早稲田と睨んでいるが、予選会で完勝した明治が今週末にその勢いを持ち込むと箱根に弾みがつくかもしれないが、予選会の疲れやいかに。もちろん僕は青学推しである。な〜んてワクワクしている神帰月の初日である。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*