岡安由美子さんと過ごした楽しい時間。

ちょっと意味深なタイトルをつけてしまいましたが、なんのこたーない。インタビュー取材に出かけてきたのだ。連載企画の『夢、あふれていた俺たちの時代』で、次号は昭和62年を取り上げることになった。バブルのトビラが開いたころで、上っていく勢いにあふれていた時代ですな。その空気を象徴するようなドラマが『男女7人秋物語』で、当時の話をうかがいたいと岡安さんに照準を合わせた。彼女はオールナイトフジの司会もつとめていたから、昭和40年男にはなじみ深いだろうと申し込んだところ快諾となり、取材が実現したのだ。いやあ、きれいな方だった。年上とは思えない若さと美貌は、もうハートバクバクだったよ。目が凄くキレイで、ホントはここに写真をのせたいところだが残念だ。インタビュー中は終止きれいな瞳に釘付けになりながらも『男女7人秋物語』の現場の空気を感じることができた。

番組スタート時は20%ちょっとだった視聴率が、最終回には37%近くを稼ぎ、放送日は街から人が消えたと言われた。番組自体がターゲットをものすごく絞り込んでいる。多分ませた高校生から、上はせいぜい40歳止まりじゃないだろうか。そんな遊び盛りの層から37%近くを獲得したのだから、まさしく街からは人が消える現象で、奇跡と呼ぶにふさわしい。さらに最終回は、12月の押し詰まった時期であることも、数字以上の意味を持っている。「今年の忘年会の日程が決まったぞ」「あっ、その日はどうしてもダメです」なんて、きっと忘年会の予定さえ狂わせ、飲食店を暇に追い込んだ社会現象だったのだろう。トレンディドラマの先駆けとなり、後のスタイルをつくりあげた。当時を振り返って、面白おかしくたっぷりと喋ってくれた。時代の勢いや楽しさを感じてもらえるページになることだろうから、お楽しみに!!

1件のコメント

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*