ホーム > プロデューサーのつぶやき > お祝いの1品になれた鯛!!

お祝いの1品になれた鯛!!

2017 年 4 月 3 日 プロデューサー コメント

IMG_4709昔々、ミュージシャンを夢見てその活動資金作りのため居酒屋で働いていた。おかげで僕は包丁が使える。たまにじっくりと料理をするのもこの頃の影響だろう。

 

 

先日祝いの席がありこいつを買ってきた。蒲田駅の地下街には大きな魚屋が3軒あり、いい材料が容易に手に入る。今時期の鯛は正月から考えると嘘みたいな値段だ。このでかい1尾がなんと1,280円だ。もちろん天然ものである。一度、養殖の鯛を下ろした時に腸の匂いとベトリとした油に驚き、以来使ったことはない。見た感じもこいつのような桜色でなく、どす黒いからすぐに見分けがつく。

 

 

祝いの席としたのは去年の暮れに結成して、先日前座ながら初ライブを敢行したバンドのミーティングだった。今後の活動をどうするか。50代2人はいいとして、若者2人はこのバンドをどう考えているだろうかと少々不安だった。が、結果的にこの鯛は祝いの象徴となってくれた。続けたい意思が全員から出て、僕らは今後の活動について話し合った。うれしいったらない。

 

 

当然ながら全員仕事がある。若者2人は音楽で飯を食っていて、僕ともう1人のおっさんは同業のようなもので全員極めて忙しいから、昔のようにライブハウスでレギュラーというのは無理である。イベントと音源作りということになるだろうから、活動ペースはゆったりになるのは仕方なしだ。ただ1つ好材料がある。今回のライブに向けた時間不足を助けてくれたのが携帯の存在だった。グループでコミュニケーションしながら曲のアレンジのアイデアを出し合い固まっていく。なんとか対応したおっさんは鼻高々である。

 

 

50歳を過ぎてなにかを始めるってのは大変なことだろう。でも走り出せば気持ちいいのは仕事もブライベートも変わらない。おっさんゆえに、とかくケツが重くなりがちですがここで頑張っておかないと老いが早まっちまう。『浅草秘密基地』でマラソンに誘った方々がその魅力にすっかりハマり、この祝いの翌日に大会を走りきったのも嬉しいことだ。明日へ突っ走りましょう。

 

 

  1. avatar
    浅野
    2017年 4月 3日 15:59 | #1

    そんな良い日に花を添えられて良かったです(^^)v
    目指せ武道館\(^^)/

  2. いやあー、東京ドームでしょ(笑)。
    ありがとうございます。頑張ります。

    avatar
    プロデューサー