ホーム > 編集部員のぼやき > 【ご当地怪獣現る】ただいま総選挙実施中。

【ご当地怪獣現る】ただいま総選挙実施中。

2015 年 11 月 21 日 編集部員 コメント

【ご当地怪獣現る】ただいま総選挙実施中現在、『ご当地怪獣総選挙2015』なる取り組みが行なわれているのをご存知でしょうか。地元ゆかりのキャラクターということであれば“ゆるキャラ”が有名ですが、これは都道府県ごとの名所や名物をモチーフに創作された怪獣が主役です。投票方法や締め切り、企画趣旨の詳細は特設サイトをご覧いただきたいのですが、キャラクターデザインやストーリーはプロフェッショナルが作っているせいか、クオリティが高いと思います。

 

まず目が行くのは当然、自身の出身地ではないでしょうか。私の場合、埼玉だから…。「吉見百穴がモチーフのヒャクアノドンか!」。全国の皆さんは分かりますかね、吉見百穴。私も「遠足で行ったな~」くらいの思い出しかありませんが。

 

気になったのは東京。色んなものが集まる首都は、かえってテーマ選択が難しいだろうな、と想像したわけです。果たしてクリックして出てきた怪獣は『パンダン』。思ったより分かりやすかったですね。

個人的には静岡の『ツーン』がヒット。わさびの“ツン”とくるところからのネーミングが気に入りました。ただ、「静岡ならお茶じゃないの?」というツッコミもあるとは思いますが。

 

なにはともあれ、昭和40年世代であれば、怪獣は“大好物”でしょう。ゴジラにガメラ、モスラは言うまでもなく、特撮ヒーローものに登場する怪獣・怪人などにもお気に入りがあったのではないでしょうか。弊誌で掲載している連載『怪獣怪人 温故知新』も人気を博していますし、皆さん、そろそろ新たな怪獣に出会ってみませんか。

 

  

カテゴリー: 編集部員のぼやき
  1. コメントを募集しています。