ホーム > プロデューサーのつぶやき > 44歳の自分と50歳の自分。

44歳の自分と50歳の自分。

2015 年 9 月 21 日 プロデューサー コメント

IMG_2417自分ではまったく気が付いていなかったが、つい先日読者さんより「ブログ6周年おめでとう」とのメッセージをいただいた。そんなに経つのですな。あらためて時の流れの早さに驚愕してしまう。44歳だったのかと周囲にいる当時のタメ年を考えると思わず「若っ」とつぶやく。そうか、確実におっさん化しているのだな。そしてちょうど6年前の今日に、記念すべきこのブログ初の画像をアップした。おーっ、笑えるのお。ある日、『昭和40年男』のアイデアが降ってきて、具体的に落とし込んでみようと書いた貴重なラフだ。創刊の年よりさらに遡って43歳の作品(!?)になる。「若っ」とまたまた笑ってしまう。

ブログを毎日というのは、誌面でも紹介しているように、どうせやるなら毎日なんらかの更新がなければならぬとの会議での決定からだった。行きがかり上僕がツラツラと綴ることになり、以来、雨の日も風の日も更新を続けてきた。せっかく書き上げたのにアップされていないなんてうっかり八呑兵衛みたいな(古っ)ミスをしたことは何度かあったが、ともかく年に365本をあげてきた。くだらないものがそのほとんどでこれまた笑えちゃうのだが、ここまで続けたのだからこれからもボチボチ頑張って行こうと思う。

それにしてもこの6年は激変である。50歳は大きくのしかかっていて、最近いろんなことを考えさせられる。その辺もこのブログで小出しにしていて、今後も語っていきたいと思っている。自分の環境変化の激しさがいい場面とそうでない場面を連れてくる。ある方面から見たら理解不能な僕だったりすることを見つけては、自己嫌悪に陥ることしばしば。焦ったりしているダメな自分を見つけたりもする。とはいえ俯瞰すれば上々だと感じていて、いい場面の方が圧倒的に多い。ま〜だ走っているのかよなんて、自分をあざ笑ったりして楽しんでいるのも悪くない。

6年このブログを書き続けてきたことがうれしいのじゃなくて、『昭和40年男』が続いてきたことがうれしい。これからも元気に続けていく。そうそう、継続といえば読者さんとのゆる〜い集いの『浅草秘密基地』もあるじゃないの。今宵は、普段はお休みの旗日なのに開催するスペシャルじゃ。そして朝までカラオケしようなんて話になっている。って、結局PRかよと突っ込まれそうだが、どうぞご勘弁。今日もバカバカしく盛り上がっていきたいので、どうぞふるってご参加ください。お待ちしてま〜す!!

 

 

 

  1. avatar
    40年男の一人
    2015年 9月 21日 08:32 | #1

    6年間。地道な努力の積み重ねだと思います。ブログを見ている昭和40年男(タメ年)たちにとって励みになっているのでは。
    同時代に生まれ。同時代を生きている。他の世代にはこのような企画(雑誌)はありません。
    ありがとうございます。(^^)

  2. avatar
    山本康夫
    2015年 9月 21日 20:33 | #2

    失礼を承知で書かせて頂きます。しかしよく続いているなぁ、ってのが本音の感想です。内容が面白いので読者はいるだろうけど、ネタが尽きないのはスタッフの情熱の賜ですね!
    少なくとも、私が死ぬまでは出し続けてほしい。そしていつか、秘密基地に参加したいなぁ(´▽`*)

  3. avatar
    山本康夫
    2015年 9月 21日 20:37 | #3

    追伸。秘密基地でどんなのが歌われているか、憶えているのだけでも、たまに教えて下さい。参加してる気分に浸れればと思って。

  4. 2015年 9月 22日 07:46 | #4

    『昭和40年男』って凄いですよ。
    続いてきたのも、もちろん凄いと思いますよ。
    プロデューサーはじめスタッフの皆さんの情熱の賜物です。
    でも、『昭和40年男』・・この発想が最高ですね。
    このアイディア、意味もなく降りてきたものじゃないと思いますよ。
    北村プロデューサー、これは天命ですぞ!

  5. 40年男の一人さん、ありがとうございます。
    励みになっているなんて嬉しいかぎりです。今後もツラツラと書き続けていきますので、どうぞよろしくお願いします。

    avatar
    プロデューサー
  6. 山本康夫さん、ありがとうございます。
    ぜひ、秘密基地にお越しくださいませ。昨日は連休を利用して大阪よりお客さんがみえましたよ。いつかお会いできるのを楽しみにしております。

    avatar
    プロデューサー
  7. ジョニー藤好さん、ありがとうございます。
    おっしゃるとおり、スタッフのおかげでなんとか前進しております。そうか、天命でしたか(笑)。がんばります。

    avatar
    プロデューサー